笹館城
秋田県大館市(旧比内町)比内町笹館
立地・構造
 笹館城は大館盆地の南東部、長内沢右岸の丘陵先端(比高10m前後)に築かれた丘城(平城)で、長内沢を自然の濠として城域を区画していたと思われます。現在、城址には養牛寺が創建されており、城域・規模・構造等は不明。

 築城時期・築城主体ともに不明。『長崎氏旧記』には「永正十七(1520)年四月、御舎弟浅利勘兵衛頼重殿、笹館城代となる」とあり、浅利則頼の弟頼重が笹館城に入城したとされ、この頃までに笹館城は築かれていたものと推測されます。その後、頼重は則頼の次男勝頼の次子頼広を養子として嗣子にします。頼広の兄浅利頼平は父勝頼が天正11(1583)年、檜山城主安東愛季に謀殺された後、一時期 津軽の大浦為信の元に身を寄せましたが、天
正18(1590)年 安東実季が比内を回復すると安東氏に従属する形で比内郡に戻り、安東氏の代官として比内郡を統治しました。その後、頼平は「文禄の役」の軍役金・太閤蔵入米の件等で安東氏と対立し、安東氏からの独立を求めるようになります。慶長3(1598)年、頼平は安東氏との裁定の件で大阪に呼ばれましたが、在坂中に急死し、安東実季は比内に進攻して浅利氏の武力蜂起を鎮圧しました。この際、頼広は笹館城で討死したと伝えられます。 
歴史・沿革
笹館城  南西側からの近景
メモ
浅利氏庶流の居館
形態
丘城(平城ぽいが・・・・・・・・)
遺構
郭(平場)・土塁?・濠?
別名
・・・・・・・・・ 
場所
場所はココです
養牛寺境内
駐車場
養牛寺の駐車場借用
訪城日
平成17(2005)年10月13日
平成19(2007)年5月22日
笹館城は笹館地区北西側の微高地に築かれた丘城(平城)です。(写真左上) 城は長内沢沿いに北から南側に延びた微高地に位置し、長内沢を自然の濠に見立てて築かれていたと思われます。(写真右上ー東側) 現在、城址は養牛寺の境内になっていて、相当 改変されていると思われます。(写真左) がっ、西側には高さ3−4m・天幅7−8mの土塁が確認できるのですが・・・・・・・・、これって城郭遺構?。(写真左下・右下)