真館
秋田県大館市(旧比内町)比内町新館字真館
立地・構造
 真館は比内盆地の南東部、犀川右岸の河岸段丘上(比高10m弱)に築かれた平山城です。城の規模は東西130m×南北170mほど、城は西から南側を段丘崖で画し、北から東側に堀を穿って独立させた単郭構造の城館です。本郭の規模は東西100m×南北140mほど、東側に土橋が設けられ導線が確保されています。なお北西部は道路建設により、一部 消滅しています。

 築城時期・築城主体ともに不明。館主は『浅利與市侍分限』「御小姓 真館九蔵」と記された真館氏と推測されます。同地は独鈷城と扇田を繋ぐ交通の要衝地、また独鈷城を守備する外城として機能していたものと思われます。
歴史・沿革
真館  東側の堀
メモ
比内浅利氏の被官
真館氏の居館
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年5月21日
真館は比内町新館地区西側の河岸段丘先端に築かれた平山城です。(写真左上ー南西側からの遠景) 館は北から東側を幅15m・深さ4−5mの堀で仕切って独立させた単郭の城館で、東側中央の土橋で繋がっています。(写真右上ー堀 写真左ー土橋) ちなみに土橋の南側にも堀留のような土堤が確認できますが、これって何っ?。(写真左下) 本郭内部は東西100m×南北140mほど、縁部に土塁は見られず、いたってシンプルです。(写真右下) なお昭和47(1972)年、道路建設にともなう緊急発掘調査が北西部でおこなわれ、内部からは5戸の竪穴住居祉や掘立建物祉が確認されています。