独 鈷 城
秋田県大館市(旧比内町)比内町独鈷
立地・構造
 独鈷城は比内盆地の南東部、犀川右岸の北西方向に張り出した丘陵突端(比高20−25m)に築かれた平山城です。城の規模は東西300m×南北300mほど、城は浸食谷を利用した堀と人為的な堀で仕切られた大きくは4郭構造になっています。主郭は城の中央部に設けられた郭で、規模は東西40m×南北120mほど、東ー北ー西側には堀を挟んで東郭・北郭・西郭が設けられています。規模は東郭が幅30−40m、北郭が東西80m×南北40m、西郭が東西40m×南北130mほど。西郭が実質的な二の郭に想定され、主郭・西郭間の堀は武者溜的な性格があったものと思われます。大手は西側中央に設けられ、導線は西郭の北西側から北郭・西郭間の郭を迂回して武者溜空間に繋がっていたと推測されます。主郭・東郭間の
独鈷城概念図
堀の延長線には「浮島」と呼ばれる池があり、独鈷城の水の手、あるいは主郭・東郭間の堀を湿地状にする水量調整施設と思われます。なお現在、大日堂のある部分から南側に広がる丘陵上も広義の城域と推測されます。同地は犀川の谷口を抑える要衝に位置します。

 築城時期・築城主体ともに不明。城主浅利氏は文治5(1189)年の奥州藤原氏討伐の軍功により出羽国比内郡の地頭職を宛がわれ、この地に入部したと伝わります。もともと浅利氏は甲斐国浅利郷を本貫とし、当初は比内郡を代官支配していたと推測されますが、鎌倉中期に一族(庶流)が入部して土着したのが比内浅利氏とされます。南北朝期、浅利六郎四郎清連は建武元(1334)年に陸奥守北畠顕家が南部師行に鹿角・比内郡を給付したために、翌2(1335)年 足利尊氏が後醍醐天皇に対する叛旗を翻すとこれに加担し、北畠氏・南部氏の南朝勢力と対峙します。この騒乱の中で浅利氏は次第に比内地方を支配するようになりましたが、これ以降の比内浅利氏の動向は不明。その後、16世紀初頭に浅利則頼が比内を制圧し、永正年間(1504−21年)に独鈷城は築かれたとされます。(浅利則頼の出自については諸説ありハッキリしません。管理人は浅利庶子家出身と推測し、クーデターで惣領家に背乗りしたと思っていますが・・・・・・・・・) そしてこの間、則頼は『浅利與一則頼分限帳』を作成して家臣団を整備し比内各所に配して領国支配を強化しました。天文19(1550)年、則頼が死去すると則頼の跡を継いだ嫡子則祐は檜山安東氏との不和が原因で、永禄5(1562)年に長岡城で自害します。則祐の跡を継いだ弟の勝頼は当初、檜山安東氏と行動をともにしましたが、次第に檜山安東氏からの独立を企て、天正11(1583)年 安東愛季に檜山城に招かれて謀殺され、比内は檜山安東氏の支配地となります。そして愛季は比内代官として五十目秀兼を大館城に配し、以後 大館城が比内の拠点になったと思われます。天正17(1589)年、「湊騒動」が勃発すると南部信直は五十目秀兼を内応させて比内を制圧します。しかし安東実季は「湊騒動」を終結させると津軽為信と結んで比内を奪還し、この際 為信の斡旋で浅利勝頼の遺児則平を比内に戻しました。同18(1590)年、「奥州仕置」により比内郡は安東領として安堵され、則平は安東氏の家臣に位置付けられます。このため則平は次第に独立を企てるようになり、文禄2(1593)年 「文禄の役」の軍役金納入の件で安東氏と対立します。両者の対立は慶長元(1596)年まで続きましたが、同3(1598)年 紛争解決のため上洛した則平は大阪で急死しました。則平の死後、比内では旧浅利家臣団が一揆をおこしましたが、安東勢に制圧され、『大館旧記』によると独鈷城は一揆鎮圧後 破却されました。
歴史・沿革
独鈷城 主郭・北郭間の堀
メモ
中世比内浅利氏の本城
形態
平山城
別名
十狐城
遺構
郭(平場)・虎口・堀(濠祉)・
水の手?
場所
場所はココです
駐車場
大日堂の駐車スペース借用
訪城日
平成15(2003)年11月19日
平成17(2005)年10月13日
独鈷城は犀川の右岸、独鈷地区背後(東側)の丘陵突端に築かれた平山城で、この地域独特の浸食谷を利用した城郭です。(写真左上ー西側からの遠景) でっ、城の南側に大日堂があり、ここからアプローチするのがベターです。(写真右上ー大日堂) 大日堂境内の東側には深〜〜〜く 沢が切り込んでいて、この延長上には浮島と呼ばれる池、主郭・東郭間の堀があります。(写真左ー沢 写真左下ー浮島) ちなみの大日堂は1100年代に創建された古刹で、後に浅利氏の氏神とされ、現在の拝殿は寛文13(1673)年に再建されたもの。また浮島は独鈷城の水の手と推測され、現在は浮島龍神社が祀られています。(写真右下)
でっ、城にアプローチして最初に現れるのが主郭の南側を仕切った堀。(写真左上) 規模は幅10−15m・深さ5−6mほど、堀底はそのまま主郭の東・西側に廻り込んでいます。(写真右上ー主郭東側の堀・幅20m・深さ4−5m 写真右・左下ー西側の堀・幅30m・深さ5−6m) 西側の堀は主郭・西郭間にあり、ま〜〜〜 武者溜空間だったのでしょう。
 
(写真右上) 西郭下の「米蔵」標柱
西郭(写真左上)
ま〜〜〜、実質的な二の郭と推測され、規模は東西40m×南北130mほど。武者溜からは坂虎口で繋がっています。ま〜〜〜、大手口を扼する高所に位置し、内部から焼米が出土したことから「米蔵」と呼ばれています。
主郭(写真右上)
独鈷城の中央に位置し、規模は東西40m×南北120mほど。周囲は高さ5−6mの切岸に加工され、西側に切り込み式の折れ虎口が設けられています。(写真左)
(写真左下) 主郭・北郭間の堀、幅10−15m・深さ5−6m  (写真右下) 北郭の切岸
主郭・東郭間の堀は幅20m・深さ5−6mほど(写真左上)、北縁には濠留と思われる幅3mの土堤が築かれており(写真右上)、たぶん堀は湿地状だったと思われます。(現在もしけっています) ということは堀に連続する「浮島」には水量調節の機能があったのかも。
東郭(写真右)
規模は幅30−40mほど、城中枢を防御する外郭だったのでしょう。内部は藪々・・・・・・・・・。
北郭(写真左下)
規模は東西80m×南北40mほど、北東隅には小社が祀られています。ま〜〜〜、北西方向を監視する郭と思われます。南側に導線があるようですが未確認。
北郭の北側には稜線を掘り切って櫓台(?)が削り残され、周囲は平場に加工されています。(写真左上ー堀 写真右上ー櫓台と平場 写真左ー北郭北側の平場) だいたいこのあたりの平場で周辺との高低差は5−6mほど、現在 縁部に沿って用水路がありますが、往時は湿地帯だったのでしょう。(写真左下)
城の大手は西側中央に設けられ、導線は西郭の北側下を通り、北郭・西郭間の堀底道を経て、主郭・西郭間の武者溜に繋がっています。(写真右下ー大手口) でっ、この間 導線は2度クランクさせられ、側面から横矢が掛かる構造になっています。
(写真左上) 西郭北側下の導線
(写真右上) 堀底道
(写真右) 北郭南東側下の虎口堀
(写真左下) 北郭・西郭間の郭
 
大手口から武者溜空間へは前記したルートのほか、西郭の北東側から西郭を迂回するルートも見られますが、あまりにも直線的なため、たぶん後世 農作業用に設けられたものなのでしょう。