浅舞のケヤキ
秋田県横手市(旧平鹿町)平鹿町浅舞字浅舞
 浅舞のケヤキは横手盆地の中央部、旧平鹿町浅舞地区の中心部に立つ通称槻の木です。樹齢は500年以上、幹回り8.3m、樹高35m、枝張30m。(1968年 県の天然記念物指定当時) 江戸中ー後期の本草学者菅江真澄が記した『雪の出羽路』の中のスケッチには隣接する琵琶沼を覆い隠すほどの大樹が2本描かれています。(ほかの1本は落雷により焼失したと伝えられます) なおケヤキの西側には藩政期、平鹿郡の御役屋が構えられ、この地は明治初年まで平鹿郡の行政・経済の中心地でした。  (場所はココです)
 浅舞のケヤキ
 浅舞のケヤキ