醍醐館屋敷
秋田県横手市(旧平鹿町)平鹿町醍醐字館屋敷
立地・構造
 醍醐館屋敷は横手盆地の南東部、東から西方向になだらかに傾斜した微高地(比高1−1.5m)に築かれた平城です。規模は推定東西100m×南北70mほど、単郭構造の方形館と推測され、館は北ー西ー南側を低い段で画くし、東側は堀(濠)で区画していたと推測されます。なお北側には最近まで旧河川の流路が残っていたようです。また周辺には鍛冶屋敷の地名が残っているようです。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。近隣にある明沢郷土館の日常居館か?。
歴史・沿革
醍醐館屋敷 南側縁部
メモ
・・・・・・・・・
形態
平城
別名
・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成28(2016)年7月1日
醍醐館屋敷は旧平鹿町醍醐地区の南東部、東から西方向になだらかに傾斜した微高地に築かれた平城です。がっ、館祉と思われるあたりは現在、民家敷地・畑になっているため明確な遺構は見られず、北ー西ー南側は低い段で画され、東側には濠祉と思われる用水路が見られるのみ。(写真左上ー内部 写真右上ー北側の縁部 写真左ー西側の縁部 写真左下ー南側の縁部 写真右下ー東側の用水路) なお館祉の北側には最近まで、旧河川の流路が残っていたようです。