鍋 倉 城
秋田県横手市(旧平鹿町)平鹿町下鍋倉字城戸
立地・構造
 鍋倉城は横手盆地中央の平野部に築かれた平城らしいです。城の規模は推定200m四方ほど、周囲を濠で囲った単郭の平城と推測され、濠祉と思われる用水堰が集落を囲うように巡らされています。(南側には濠祉と思われる苗代が残存しています) 現在、城址は宅地、耕作地に改変され遺構等は認められず。北側に「城戸」の地名が残っており、虎口が設けられていたと思われます。近世に著された久保田佐竹藩士岡田知愛の『柞山峯之嵐』には「鍋倉故城は鍋倉相模の邑城なり、今 城跡に土民住居し、堀の跡は苗代なり」と記され、また菅江真澄の『雪の出羽路』には「館といふ村ありしが今はなし、先に城形とありし処 ・・・・・・・・・・、木戸といふ処村の西北に在り、むかしの柵戸の跡也」と記されています。
 築城時期は不明。城主は在地名 鍋倉を称した小野寺氏の庶流鍋倉氏とされ、近世 久保田佐竹藩の角間川給人南部倉久之助が藩に提出した『鍋倉家系図』によると小野寺禅師太郎道綱より十二代目にあたる式部太輔重道の次男孫市道政を初代鍋倉城主とし、また『小野寺家系図』では小野寺中務太夫泰道の三男石見守道周を鍋倉城主としています。いずれにしても15世紀中期頃には小野寺氏の庶流 鍋倉氏が成立していたと思われます。その後、鍋倉氏は惣領小野寺氏の軍役を担いましたが、天正18(1590)年 鍋倉四朗(『鍋倉家系図』の道長か?)は「太閤検地」に抵抗して一揆を起こし増田城で討死したとされます。文禄5(1596)年、最上勢の雄勝侵攻を受けて落城。
歴史・沿革
鍋倉城 「城戸」に建つ城址標柱
メモ
仙北小野寺氏の庶
流鍋倉氏の居館
形態
平城
別名
南部倉館
遺構
郭(平場)・堀(濠)祉?
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年4月20日
平成29(2017)年5月18日
鍋倉城は横手市街地から南西10kmの鍋倉地区に築かれた平城らしいです。(写真左上ー南西側からの遠景) がっ、現在 城址と思われる場所は住宅地、耕作地になっていて特に遺構等は認められず。(写真右上ー北側から内部) でっ、城は四周を濠で囲まれていたようで、・・・・・・・・ たぶん 用水堰になっている水路がその名残か?。(写真左ー北側の用水堰 写真左下ー北西側の用水堰 写真右下ー東側の用水堰) でっ、南側には濠の痕跡と思われる苗代も見られます。
(写真左上) 南側の濠か?
(写真右上) 北側に残る「城戸」地名、たぶんこの部分に虎口が設けられていたのでしょう。
 
(写真左下) 永蔵寺 山門
(写真右) 旧平鹿町の保存樹「いちょう」
 
永蔵寺 本堂(写真左)
正式名称普門山永蔵寺。宗派は曹洞宗、本尊は
釈迦牟尼仏。鍋倉城が存在していた戦国期には開山していたらしいです。