吉田城
秋田県横手市(旧平鹿町)平鹿町上吉田
立地・構造
 吉田城は横手盆地の中央南部の平野部に築かれた平城で、東西100m×南北90mの単郭の方形館です。館の周囲は幅10mの濠と高さ2−3mの土塁で囲まれ、四隅には櫓台が想定されます。土塁は西・北・東側は直線になっていますが、南側には横矢掛に想定される「折れ」が見られます。虎口は北・南側に開き、大手虎口に想定される南側虎口は西法寺墓地に改変され破壊されています。
歴史・沿革
 築城時期は不明。永禄年間(1558−70年)に、一時大和田佐渡守光盛等に横手城を追われていた小野寺輝道は横手城を回復すると、家督を嫡子義道に譲り吉田城に隠居したと伝えられます。その後、輝道の末子陳道が城主となり、陳道は『奥羽永慶軍記』では天正14(1586)年の「有屋峠の戦」、同16(1588)年の「峰の山の戦」、慶長5(1600)年の「大森・吉田合戦」等のに参陣した小野寺軍の中枢にあったと考えられます。小野寺氏は関ヶ原後に改易となり、慶長7(1602)年に佐竹義宣が秋田に入封すると、吉田城には茂木監物が城主として入城しますが、元和元(1615)年に横手城に移り吉田城はほどなく廃城になったと考えられます。
吉田城  東側の土塁と濠祉
メモ
小野寺義道の末弟
小野寺陳道の居館
形態
平城(方形館)
別名
 ・・・・・・・・
遺構
郭・土塁・虎口・櫓台・濠祉
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成18(2006)年11月18日
北東隅
吉田城の四隅には櫓台が想定され、北東隅の櫓台は濠に張り出すような形状になっています。
北側の濠祉
幅10mほど。往時は湿地状の濠と想定され、現在も北側の一部は湿地状になっています。
主郭内部
東西100×南北90m。現在内部は公園となっていますが周囲に築かれた土塁はほぼ完存しています。
虎口
北側の虎口は吉田城の搦手口になります。
南側塁線
南側縁部の土塁は中央部分で外側に折れ、横矢掛になっています。
西側の濠祉