本荘城
秋田県由利本荘市(旧本荘市)尾崎
立地・構造
 本荘城は本荘平野の中央部、子吉川左岸の小丘陵(比高20m)に築かれた近世平山城です。城の規模は東西350m×南北400mほど、城縄張りは山頂部に構築された本丸を中心に周囲を二の丸で囲み、北側の平場に三の丸を敷設した梯郭式縄張りが採用されています。本丸の規模は東西100m×南北130mほど、周囲を高さ1.5−3mの土塁で囲み、北・東・南側の設けられた虎口で二の丸に繋がっています。内部には天守は建設されませんでしたが、土塁の四隅に鉄砲櫓・長柄櫓・弓櫓・具足櫓が構えられていました。二の丸は本丸の周囲を囲った郭で、東側が規模が大きく東西60m×南北120mほど、北東・南東側に虎口が設けられ、北東虎口が三の丸に繋がる大手虎口と想定されます。三の丸は東西250m×南北100mほど、北側には下幅10m・高さ3
本荘城概念図
mの土塁と幅20mの濠が巡らされ、中央に虎口が設けられています。本荘城は近世城郭としては全体的に規模は小さいものの、コンパクトによくまとまっています。使用されているパーツも築城時期の比較的新しいパーツが各所に使用されています。なお本荘城の城下は北側に展開され、城下の北・西側縁部には集中的に寺院が配置されています。現在、城址は本荘公園として整備されています。

 慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」で山形城主最上義光は徳川方に加担し、西軍の上杉景勝と庄内・山形で対峙しました。(「慶長出羽合戦」) 戦後、この軍功により義光は庄内・由利郡の領有を認められ、楯岡城主楯岡豊前守満茂を由利郡に配しました。入部当初、満茂は赤尾津氏の居城天鷺城を拠点としましたが、慶長15(1610)年 尾崎山に新城(本荘城)の築城をはじめ、同17(1612)年に完成させました。しかし元和8(1622)年、「最上騒動」により最上氏は改易となり、楯岡氏も連座して上州酒井藩に預けられました。そして同年10月、本多正純が5万石で本荘への転封を命ぜられましたがこれを国辞したため本多家は改易となり、翌9(1623)年 常陸国府中から六郷政乗が本荘に転封して本荘藩を立藩し、六郷氏が明治維新まで在城しました。慶応4(1868)年の「戊辰戦争」の際、本荘藩は「奥羽越列藩同盟」には与せず薩長軍に与したため、幕府方の庄内鶴岡藩の攻撃を受け、六郷政鑑は城に火を放って逃れたとされます。明治2(1869)年、「廃藩置県」により廃城。
歴史・沿革
本荘城 北側の濠
メモ
近世本荘六郷藩の藩庁
形態
近世平山城
別名
鶴舞城・尾崎城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・櫓祉・
模擬城門・濠
場所
場所はココです
駐車場
本荘公園の駐車場あり
訪城日
平成18(2006)年8月29日
本荘城は本荘市街地の中央部、現在 本荘公園となっている小高い丘が城址です。このため城郭遺構はかなり改変されてはいますが、要所に城郭遺構が細見できます。でっ、大手に想定される北側には幅20mの濠が見られ(写真左上)、北西隅には「折れ」が設けられています。(写真右上) ただし濠は城の周囲をカバーしたものではなく、北側にのみ構築されたようで、近世城郭の濠としては貧弱なものです。でっ、濠に隣接して三の丸側には下幅10m・高さ3mの土塁が築かれ)写真左)、中央に模擬城門が建てられています。(写真左下) 
三の丸(写真右下)
規模は東西250m×南北100mほど、内部は御殿・藩庁施設があったとされます。
二の丸(写真左上)
本丸の東側下に位置し、規模は東西60m×南北120mほど、同じく本丸の西側下にも幅30mの郭が設けられ(写真右上)、両郭は北・南側の帯郭で繋がっています。(写真右) なお西側下の郭には干飯倉(食糧庫か?)があったようです。
(写真左下) 南西側に見られる三日月堀祉
ま〜〜〜、内濠と思われますが、残存しているのはここのみ。
(写真右下) 東御門祉
二の丸の南東側に位置し、一般的な通用門だったのでしょう。
二の丸の北端には御門が構えられ(写真左上)、ここから本丸への導線は斜面を迂回しながら敷設され、本丸の北門に辿り着きます。(写真右上) 北門は本丸表門に想定され、内部は小規模な桝形構造だったようで、現在は車道にその痕跡が認められます。
本丸(写真左)
規模は東西100m×南北130mほど、公園整備により相当改変されていますが、周囲には高さ1.5−3mの土塁が確認できます。(写真左下ー西土塁 写真右下ー東土塁) 内部には本荘神社・招魂社が祀られています。
本丸の虎口は北門のほか、東・南側に設けられ、どの門も桝形構造になっています。形状は現在でも看破可能。
(写真左上)東門 (写真右上)南門
本丸には天守は建てられませんでしたが、四隅に櫓が構えられていたようです。
(写真右)鉄砲櫓祉 (写真左下)弓櫓祉 (写真右下) 長柄櫓祉
ま〜〜〜、2万石の城郭にしては使用されているパーツはケッコウキッチリしています。このメンテナンスだけではないのでしょうが、六郷藩は藩政期 慢性的な財政難に悩まされています。
(写真左上) 本丸に祀られる本荘神社 
永泉寺(写真右上)
寛永16(1639)年に創建された六郷家の菩提寺。堂社は数度にわたり火災の被害を受け再建されましたが、楼門形式の山門はほとんど火災の被害を受けなかったようです。(写真左) なお境内には六郷家の墓所が設けられていて(写真左下)、でっ、ひときわ大きい墓石が最後の藩主六郷政鑑のものです。(写真右下) 政鑑は「戊辰戦争」の際、薩長軍に与したため、明治政府から従三位の官位を送られています。戒名は「政亮院大義照鑑」。(六郷藩主の墓所は永泉寺のほかに東京万隆寺にもあります)