子吉館
秋田県由利本荘市(旧本荘市)出戸町・水林
立地・構造
 子吉館は本荘平野の中央西端、水林丘陵から東側に張り出した支稜線突端(比高40m)に築かれた平山城で、北西側の稜線を堀切で断ち切って城域を区画しています。城の規模は150m四方ほど、基本的には主郭のみの単郭の城館と想定されます。主郭の規模は推定60m四方ほど、南東・南西側の尾根筋を堀切で切って区画し、内部には館主の主殿・殿舎が構えられていたと思われます。同地は本荘平野を南西側から眺望できる高所に位置しており、基本的には開発領主の日常居館として築かれたと思われます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。一説には応仁年間(1467−68年)、室町幕府の命により信濃から入部した大井氏の一族子吉兵部少輔により築かれたとも。(『由利十二頭記』はイマイチ信憑性が薄く、鎌倉期 由利郡を所領とした大井氏の一族が土着して開発領主になったと想定するのが最も妥当なような・・・・・・・・・・) 子吉氏の詳細な事績は不明ですが、永禄年間(1558−70年) 矢島大井氏と滝沢氏が対峙した際、子吉氏は仁賀保氏(山根館主)とともに滝沢方に加担したとされます。また天正11(1583)年、仁賀保治重(重挙)が嗣子なく不慮の死を遂げると、子吉重勝(挙晴)が仁賀保氏に養子として入り家督を継いでいます。しかし同18(1590)年、豊臣秀吉が発給した所領安堵の朱印状には子吉氏の名は見えず、この間 矢島大井氏を滅ぼして由利郡南部の有力者となった仁賀保氏の支配下に組み込まれたと推測されます。
子吉館  東側からの遠景
メモ
由利十二頭 子吉氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀?
場所
場所はココです
駐車場
大堤駐車場 OR
農道沿いに空地あり
訪城日
平成23(2011)年4月24日
子吉館は本荘市街地の南西部、大堤を挟んだ対岸の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上) 場所はすこぶるわかりずらく、このため管理人は大堤から散策路を通り、まずは館の南麓に進みました。(写真右上) ちなみに館の南麓は水田になっており、ここまで農道が通っていますが、駐車する場所はありません。(行く途中に空地あり) でっ、管理人は南西麓に切り込み状の山道を発見!!。(写真左) ここから登山を開始しました。山道はたぶん山林の保守管理用の道なのでしょう、このあと若干キツメの斜面を登ると南西側の稜線に辿り着きます。(写真左下) 稜線は30mほど続き、じきに主郭手前の堀切が見えてきます。(写真右下)
主郭(写真左上・右上)
規模は推定60m四方ほど、内部は藪茫々になっていますが、比較的平坦地になっているのがわかります。『秋田県の中世城館』には「土塁・堀が見られる云々」と記されていますが、特に明確な遺構は確認できず、ま〜〜〜 単純な単郭構造の平場だったのでしょう。でっ、北側の稜線は比較的規模の大きい堀切で仕切り(写真右)、南東側稜線は高低差を利用した堀切で切って(写真左下)、先の稜線は小郭に加工されています。(写真右下) 規模は幅5−10m×長さ50mほど。