万願寺館
秋田県由利本荘市(旧本荘市)万願寺荒田目
立地・構造  万願寺館は石沢川右岸の西方向に延びた丘陵先端(比高20m)に位置する平山城で、東側を自然地形を利用した空堀で分断し、東端を頂部に西側に幅の狭い郭を3−4段に削平した小規模な砦と考えられます。
歴史・沿革  築城時期・館主ともに不明。万願寺館は西方向(本荘側)を意識し築かれたと考えられることから、東方4.5kmに位置する石沢館の支城と考えられます。万願寺周辺は石沢川が子吉川と合流する水田地帯に位置することから、自領と本荘方面の監視をする物見砦として機能したと考えられます。
万願寺館 遠景
メモ
 ・・・・・
形態
平山城
別名
・・・・・・ 
遺構
郭・土塁?・堀
場所 場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年1月25日
八幡神社参道
万願寺集落の入り口付近に八幡神社参道があり、ここから館祉に入ります。
土塁祉?
八幡神社の社地西縁部には、土塁状の高みがあります。神社建設時の改変かもしれません。
本郭
八幡神社社地(写真左上)が本郭と考えられ、上段には幅10m前後の狭い郭(写真右上)があります。この上段の郭を最高所に西側に階段状に郭が削平されています。後方は自然地形を利用した空堀で分断されています。
空堀
万願寺館と丘陵基部を分断する空堀で、自然地形を利用しています。館側は切岸が削崖されています。