内越城
秋田県由利本荘市(旧本荘市)内越
立地・構造
 内越城は由利平野の北東部、芋川左岸の自然堤防上(比高10m弱)に築かれた平城です。城の規模は東西120m×南北70mほど、北側は芋川に面した断崖、東・南・西側は10m弱の切岸で区画された単郭の城館です。現在、館内部には土塁が部分的に見られ、また南西側の崖下には濠祉の一部が残存しており、往時 周囲は濠と土塁で囲郭されていたと思われます。また中央南縁には窪地状の平場が設けられ、土塁に切り込みが見られることから虎口郭(大手)だったと思われます。同地は南北に流れる芋川下流域を眺望できる高所
内越城概念図
に位置しており、基本的には在地領主の日常居館として築かれたと推測されます。また芋川舟運を扼する機能もあったと思われます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。城主打越氏は中世由利郡を支配した由利十二頭のひとりですが出自は不明。楠木氏、信濃小笠原氏、出羽大江氏等を祖とする説があるようですが不詳。また打越氏の詳細な事績は不明ですが、戦国期には同じ由利十二頭の仁賀保氏・小介川氏と行動をともにしていたと思われます。天正18(1590)年、打越宮内少輔光重は豊臣秀吉の「小田原の陣」に参陣して所領(1250石)を安堵されます。その後、打越氏は由利十二頭を再編成した由利五人衆のひとりとなり、嫡子左近光隆は「朝鮮出兵」の軍役を担い、また伏見城築城の杉材運上に従事しました。慶長5(1600)年、「関ヶ原の戦」が勃発すると光隆は仁賀保氏とともに東軍に加担して庄内に出陣しています。戦後、光隆は常陸国新宮に2000石の所領を宛がわれて幕臣(旗本)となりましたが、元和9(1623)年 最上氏改易後 矢島(八森城)に3000石を宛がわれ、ふたたび由利郡に戻りました。内越城は打越氏が常陸に転封した際、廃城になったものと思われます。
内越城  本郭に祀られる白山神社
メモ
由利十二頭 打越(うてつ)氏の居館
形態
平城
別名
平岡館 
遺構
郭(平場)・土塁・虎口?・濠祉
場所
場所はココです
駐車場
白山神社鳥居前に
駐車スペースあり
訪城日
平成19(2007)年1月21日
内越城は芋川の西岸、内越地区の低丘陵(自然堤防)上に築かれた平城(丘城?)です。(写真左上ー南西側からの遠景) でっ、城の北側は芋川に面した高さ10-15mの断崖(写真右上)、東・南・西側は高さ5-6mの段丘崖で仕切られ(写真左ー東側からの近景)、南西側に濠祉が見られることから、往時 段丘崖の下には濠が穿たれていたと思われます。(写真左下) 濠の規模は幅10m弱、たぶん端部は堀留めされていたのでしょう。でっ、城へは南東側に白山神社の鳥居が設けられ、ここから入ることができます。(写真右下)
本郭(写真左上)
規模は東西120m×南北70mほど、内部は明治以降 学校用地として利用されたため、かなり改変されているようですが、現在 中央に白山神社が祀られ(写真右上)、北西端には内越町内会館(公民館)が建てられています。現在残る遺構としては北西ー西側縁部にかけて土塁が見られ、規模は北側が高さ0.5m、西側が下幅5-6m・高さ1mほど。(写真右ー北側の土塁 写真左下ー西側の土塁) また南側中央には土塁と段差で囲まれた窪地状の郭が見られますが、土塁に虎口と思われる切り込みがあることから虎口郭だったと思われます。(写真右下) 規模は東西40m×南北15mほど、変則的な桝形構造のようです。
(写真右) 虎口郭の虎口?
な~~~んか、後世に切り込まれたような気もするのですが・・・・・・・・・。