永泉寺
秋田県由利本荘市(旧本荘市)給人町
歴史・沿革
 永泉寺は旧本荘市にある曹洞宗寺院で、本荘藩主六郷氏の菩提寺です。元和9(1623)年、「最上騒動」により六郷兵庫頭政乗は常陸国府中から本荘へ転封します。そして政乗は六郷家の菩提寺創建に際して名称を六郷家代々の菩提寺永泉寺(仙北郡六郷に在)から採用し、永泉寺は寛永16(1639)年 二代藩主政勝の代に道愛和尚により開山されました。   (場所はココです)
山門(写真左上)
間口三間からなる二層式の楼門。屋根は浅瓦葺入母屋造りになっていて、内部には仁王像が二体置かれています。現在の建物は慶応元(1865)年に再建されたもの。秋田県有形文化財指定。
本堂(写真右上)
六郷家墓所(写真左)
本堂に隣接しています。六郷氏の菩提寺は永泉寺のほか浅草万隆寺もあり、このため永泉寺に弔われている藩主は初代政乗、九代政恒、十一代の政鑑(まさかね)のみ。(写真左下ー政鑑の墓碑 写真右下ー政乗の墓碑 断定できませんが墓碑には「従五位下 兵庫頭 當山開基」と刻まれています。