井内館
秋田県南秋田郡井川町井内字向田・字菅生沢
立地・構造
 井内館は井川の中流域、井川とその支流に挟まれ東から西方向に張り出した丘陵先端(比高15−20m)に築かれた平山城です。城の規模は推定160m×南北80mほど、城縄張りは稜線を加工して造成した西郭・東郭とこの北側下に敷設された北郭からなるシンプルな構造になっています。規模は西郭が西25m×南北20mほど、東側縁部には下幅5−6m・高さ1.5mの土塁が築かれています。東郭は土取りにより遺構が消滅し規模は不明。立地ロケーションからこの地に根ざした村落領主の居館と推測されます。現在、館祉は農村公園に改変されています。
 築城時期・築城主体・館主ともに不明。湊安東氏の支配下にあった村落領主の居館か?。
歴史・沿革
井内館  西郭に建つ標柱
メモ
・・・・・・・・・
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁
場所
場所はココです
駐車場
井内神社前に駐車可能の路側帯あり
訪城日
平成26(2014)年10月25日
井内館は井川の東岸、井内地区背後の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上ー北東側からの遠景) でっ、館の南西麓に井内神社があって(写真右上 写真左ー井内神社境内の興福寺趾)、ここから館祉まで散策路が設けられています。(写真左下) でっ、辿り着いた西郭は東西25m×南北20mほど(写真右下)、東側縁部には下幅5−6m・高さ1.5mの土塁が築かれています。土塁が往時のものかは不明。西郭西端からは井川丘陵沿いに広がる沖積平野が一望にできます。
(写真左上) 西郭東縁の土塁
(写真右上) 西郭に建つ城址標柱
(写真右) 西郭から北西方向を望む
 
西郭の東側には堀を挟んで東郭が、西郭・東郭の北側下には北郭が設けられていたようですが、公園整備・土取り等により遺構は消滅しています。(写真左下 写真右下ー西郭・東郭間の堀?) 現在、北郭部分は農村公園になっていて、北側から車道が敷設されています。