高 遠 城
長野県伊那市(旧高遠町)高遠町東高遠
立地・構造
 高遠城は三峰川と藤沢川に挟まれ西側に張り出した舌状台地先端(比高50−60m)に築かれた平山城で、諏訪から杖突峠を越えて上伊那に繋がる街道を見下ろす要衝に位置し、北・西・南側は段丘崖で、東側は堀で丘陵基部と分断して城域を区画しています。城の規模は東西350m×南北300mほど、城縄張りは中央南端の本丸を二の丸が半円状に囲郭し、さらに二の丸を三の丸が半円状に囲郭する変則的な梯郭式縄張りで構築され、本丸の東・西側には本丸を防御するた
高遠城概念図
めそれぞれ南郭・勘助郭が敷設されています。規模は本丸が70−80m四方、二の丸が東西250m×南北30−100m、三の丸が東西450m×南北70−200mほどあり、全体として東西500m×南北400mにわたります。各郭は幅10−20m・深さ10m前後の巨大な堀で遮断され、三の丸ー二の丸、二の丸ー本丸はただ一ヶ所の虎口で繋がっています。(三の丸ー二の丸間は土橋) 本丸・二の丸の北側縁部には土塁が築かれ、特に北側を意識した構造になっています。現在、大手口は西側に設けられていますが、江戸初期までは東側にあったとされ、東側の外郭(家臣屋敷地)に繋がっていたようです。縄張り的に特に目立つのが本丸の南東側に構築された法幢院郭と南西側に構築された勘助郭でしょう。法幢院郭は本丸ー二の丸ー三の丸の塁線から突き出して構築された馬出と想定され、また勘助郭も本丸の南側を防御するため後世に敷設された郭で、当初の縄張りプランになかったかと思われます。

 築城時期は不明。城主高遠氏は諏訪上社大祝諏訪氏の一族とされ、一説には南北朝期 大祝諏訪頼継の嫡男貞信(信員)が諏訪氏の伊那への侵略拠点として高遠に封じられ、高遠城を居城にしたとも。室町期、高遠氏は上伊那の国人衆と地縁関係を結び、上伊那郡東部に勢力を拡大しました。高遠氏が勢力を拡大する間、諏訪郡では諏訪上社・下社が抗争を繰り広げ、また上社内部でも大祝家と惣領家の対立が激化します。さらに守護職小笠原氏も府中と伊那(松尾)に分裂し、松尾小笠原氏も鈴岡小笠原氏と分裂して三つ巴の抗争を繰り広げます。文明11(1479)年、高遠継宗は諏訪大祝継満とともに守護小笠原政秀を支援するため下伊那に出陣しています。また同13(1481)年、諏訪惣領政満が小笠原長朝を討伐するため府中に出陣した際にも高遠継宗は諏訪勢に参陣しています。同15(1483)年、大祝継満が惣領政満を上社神殿で誘殺する事件が勃発しますが、諏訪衆が継満の行動を支持しなかったため、継満は高遠継宗のもとに逃れ惣領家と対峙しました。長享元(1487)年、継宗は鈴岡小笠原氏と結んで大祝継満を擁して諏訪郡へ侵攻し、竜ヶ崎城を築いて上伊那郡北部を領有して惣領家と対峙しました。継宗の死去後、、高遠氏の家督は嫡子満継が継承し諏訪惣領家との抗争も落ち着き、満継の嫡子頼継は諏訪惣領頼満の娘を娶り惣領家と関係修復を図りました。しかし天文6(1537)年、上社大祝の即位式をめぐり神長官頼真と禰宜満清が対立し惣領頼満が禰宜満清を勘当すると、頼継は禰宜満清と結んで惣領家攻略の布石とします。一方、同じく諏訪郡の領有を目論む甲斐国主武田信虎は同4(1535)年、諏訪氏との抗争から懐柔策に路線変更し、諏訪頼重に娘を娶らせ諏訪氏と婚姻関係を結びます。しかし同10(1540)年、武田晴信がクーデターで武田氏の家督を継ぐと、諏訪氏との外交は一転し諏訪氏に対して強硬策をとるようになります。同11(1541)年、晴信は高遠頼継と図り諏訪郡に侵攻すると、頼重を捕縛して諏訪郡を制圧しました。戦後、諏訪郡は宮川を境に東側が武田領、西側が高遠領とされましたが、同年 頼継は武田方の上原城を攻撃して上社・下社を占拠し諏訪全域を支配下に置きました。しかし晴信が頼重の遺児虎王丸を擁して出陣した「宮川の戦」で敗北を喫した高遠勢は伊那へ敗走します。武田勢は敗走する高遠勢を追い上伊那に侵入すると福与城主藤沢頼親を降伏させ、伊那口を制圧して諏訪郡を完全に支配下に置きました。同13(1544)年、頼継は藤沢頼親と結んで諏訪郡に乱入し、武田方に与した上社神長官守矢氏の屋敷を焼き払うなど狼藉を働きましたが、翌15(1545)年 武田軍が杖突峠を越えて上伊那に侵攻すると、頼継は武田氏に降伏し高遠城を開城しました。高遠氏没落後、高遠城は伊那侵略の拠点として秋山信友が城代を勤め、山本勘助により改修されたと伝えられ(『甲陽軍鑑』)、『高白斎記』天文十六年の条には高遠山で鋤立が行われたことが記されています。永禄5(1562)年、武田信玄の庶子諏訪四郎勝頼が伊那郡代として高遠城主となりますが、元亀元(1570)年 武田義信が廃嫡されたため勝頼は甲府に戻され、信玄の弟信廉が高遠城主となります。この頃から武田氏は織田・徳川と対立するようになり、特に伊那は国境を接していたため高遠城は重要拠点とされました。天正3(1575)年、「長篠の戦」で織田・徳川連合軍に敗北を喫した武田氏は徐々に勢力を衰退させます。同9(1581)年、織田・徳川の圧迫を受ける武田勝頼は弟仁科盛信を高遠城主に据えて伊那の守備を固めますが、翌10(1582)年 高遠城は織田信忠の猛攻を受けて落城しました。武田氏滅亡後、高遠城には毛利長秀(秀頼)が入城しましたが、「本能寺の変」で信長が横死すると長秀は尾張に撤退し、高遠城は木曽義昌が領有しました。しかし信濃領有をめざす徳川家康が伊那に侵攻すると義昌は高遠城から撤退し、家康に出仕した伊那衆の保科正俊が高遠城に入城しました。同18(1590)年、正俊は家康の関東転封に同道し高遠を離れましたが、慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」後 正俊の孫正光が高遠に封じられ高遠藩を創立します。正光の跡を継いだ正之(徳川家光の庶弟)が寛永13(1636)年、出羽国山形に転封したため、高遠には鳥居忠春が入封しましたが、鳥居家は忠春の跡を継いだ忠則の代の元禄2(1689)年 家臣の不手際から改易となります。元禄4(1691)年、高遠には摂津国富田林から内藤清牧が入封し、内藤氏が明治維新まで居住しました。
歴史・沿革
高遠城 本丸の虎口(問屋門)
メモ
中世ー高遠氏の要害
近世ー高遠内藤藩の藩庁
形態
平山城
別名
 甲山城・兜山城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・石垣・移築城門・堀・復元模擬太鼓櫓・土橋
場所
場所はココです
駐車場
高遠城址公園駐車場
訪城日
平成18(2006)年6月4日
高遠城は三峰川と藤沢川に挟まれ西側に張り出した舌状台地先端に築かれた平山城で、比高差は50−60mと比較的低いものの北・西・南側は急峻な断崖になっています。(写真右上) 城へは西麓から大手口を通り三の丸まで車道が繋がっていて楽に訪城することができます。(写真右上・左ー移築伝大手門) で、山本勘助が改修したと伝えられる勘助郭は堀が埋められ駐車場になっています。(写真左下) 三の丸は東西450m×南北70−200mほど、西から北側は急峻な断崖、東側は堀で丘陵部から分断し、南側の二の丸をカバーするように構築されています。(写真右下) 現在は大部分が駐車場になっているため遺構等はありませんが、東側の堀は完存しています。
二の丸・三の丸間は幅10−15m・深さ7−8mの堀で仕切られ(写真左上)、ただ一ヶ所 北側に設けられた土橋で繋がっています。(写真右上) ま〜〜〜、ここが大手になるのでしょう。
 
二の丸(写真右)
規模は東西250m×南北30−100mほど、本丸の西から北側をカバーする郭で、南西端は段差で勘助郭と繋がっています。東・北側縁部には高さ1.5−2mの土塁が残存し(写真左下)、登録文化財高遠閣が建てられています。(写真右下)
本丸の西・北・東側に穿たれた堀も巨大なもので幅15−20m・深さ10m以上あり、本丸を完全に二の丸から独立させています。(写真左上) でっ、二の丸から本丸へは北側に掛けられた木橋で繋がっています。現在、虎口部分には問屋門が建てられていますが、この門は戦後 城下から移築されたものだそうです。(写真右上)
本丸(写真左)
規模は70−80m四方ほど、北から東側縁部にかけて高さ1mの分厚い土塁が築かれ(写真左下 石垣は往時の遺構かは不明)、北側に二の丸に繋がる虎口、東側に南郭に繋がる虎口が設けられています。虎口は枡形構造だったようですが、痕跡はありません。南端には太鼓櫓が復元?されています。(写真右下)
本丸から東西に延びる塁線には勘助郭ー南郭ー法幢院郭が配置され、本丸を防御する構造になっていますが、このうち法幢院郭はあきらかに本丸ー二の丸ー三の丸の南北塁線から張り出しており、武田氏時代に構築された馬出と想定されます。(写真右上ー本丸・南郭間の土橋 写真右上ー南郭 写真右ー南郭・法幢院郭間の堀 写真左下ー法幢院郭)
進徳館(写真右下)
三の丸の西側に現存する高遠藩の藩校。万延元(1860)年、高遠藩最後の藩主内藤頼直が開設したと伝えられます。