稲庭城
秋田県湯沢市(旧稲川町)稲庭梺
立地・構造
 稲庭城は雄物川の支流皆瀬川上流右岸の南西側に延びた尾根頂部(標高352m 比高180m)に位置する山城で、大きくは二の郭・主郭・東郭(仮称)からなる連郭式の城郭です。二の郭は比高130mの地にあり東・西・北側は急斜面で、大手口とされる西麓から二の郭間は斜面をつずら折れの大手道で繋がれ、途中には段郭が配置され防御線となっています。二の郭は南北に細長く、南端には櫓台と思われる土壇があります。二の郭から主郭へ向かう尾根道は鞍部が三重堀切で遮断され、主郭方向の防御は厳重です。主郭は二の郭から比高50mあり、その間は1本の堀切と急斜面に築かれた段郭で防御されています。主郭の東側には東郭(仮称)があり、その間は尾根道で繋がれていますが、堀切等の防御普請はなく、東郭の東側の2本の堀切で城域は終わります。
歴史・沿革
 築城時期は不明。鎌倉中期(1261−75年頃)に雄勝郡に入部した鎌倉御家人小野寺経道が山麓に居館を建て、稲庭城を順次拡大整備したものと考えられます。経道は嫡子忠道を稲庭城に、次男道直を西馬音内城に、三男道定を湯沢城に分知し、小野寺氏は次第に勢力を伸ばしていきました。忠道の子道有の頃には雄勝・平鹿・仙北郡の一部にまで支配をのばし、戦国初期に泰道の代に沼館城に支配拠点を移すまで小野寺本城として機能したと考えられます。その後も小野寺氏領の重要拠点として、小野寺一族が城代として入城し、文禄4(1595)年の最上義光の雄勝進攻で稲庭城は落城し、ほどなく廃城になったと考えられます。
稲庭城 南東側からの遠景
メモ
小野寺氏初期の支配拠点
形態
山城
別名
・・・・・・ 
遺構
郭・櫓台・堀切
場所 場所はココです
稲庭地区南側の丘陵
稲庭今昔館(二の郭)
駐車場
稲庭今昔館駐車場
訪城日 平成16(2004)年11月6日
平成18(2006)年10月27日
稲庭城遠景
北西側から稲庭城見たところです。ピーク左から東郭(仮称)・主郭・二の郭になります。
大手門祉
稲庭城西麓にあり、ここから西側斜面をつずらおれに登り、二の郭を目指します。
西側斜面
遊歩道(旧大手城道?)は急傾斜の西側斜面をつずら折れに敷設されています。
西側尾根の段郭
西側斜面を登り終えると、西側に張り出した小尾根を迂回するように遊歩道は敷設されています。ここには小規模な郭が3段確認できます。
西側尾根の段郭
写真右上の箇所を上から見たところです。遊歩道が郭を通っているのがわかります。
西側の斜面
急峻な断崖です。斜面は垂直に麓まで落下しています。
二の郭北側
遊歩道は西側斜面から二の郭北側に繋がっています。二の郭北側には6段の段郭が配置されています。(写真左)最下段の郭。東西30m×南北15m。 (写真右)上段の段郭群。1.5−2mの段差で区画されています。
二の郭
東西30m×南北90m。中央には模擬天守閣(稲庭今昔館 写真左上))が建てられています。南端には高さ3−4mの櫓台(写真右)があり物見と推測されます。ここは皆瀬川流域(写真左下)を一望できる要衝地です。
三重堀切
二の郭から主郭に向かう尾根鞍部(60m)は三重堀切で遮断されています。現在は車道建設で消滅していますが、側面には竪堀状の遺構が確認できます。
主郭へ
三重堀切を越えると、主郭への尾根(大手)道が現れます。
堀切
急斜面の尾根を登り切ると堀切が現れます。幅5−6mほどの堀切で、脇は竪堀で処理されています。
大手沿いの段郭
堀切を越えると尾根道は急斜面になりますが、ここには7−8段の段郭が配置され、大手筋を防御しています。
主郭
急斜面の尾根道を登り切ると、主郭西側の腰郭(写真左上)に辿り着きます。東西20m×南北30m。主郭はこの腰郭と高さ2mの段差で区画された広大な空間(写真右)ですが、内部は藪状態です。東西50m×南北60m。主郭の北側は比較的緩斜面になっていますが、ここには5−6段の段郭(写真左下)が配置されています。
主郭・東郭(仮称)間の尾根道
主郭の東側丘陵頂部には東郭(仮称)があります。この間は細い尾根道で繋がっていますが、防御施設は確認できません。
東郭(仮称)
東西60m×南北30m。東西に2段に削平されています。写真は西側の切岸になります。
堀切
東郭(仮称)から東側尾根には2本の堀切が配置され、搦手の遮断線になっています。どちらも幅7−8mほどの中規模なものです。この堀切で城域はおわります。
宇留院内峠方面
手前に見るのが皆瀬川です。奥の宇留院内峠を越えると、小野寺領南端の役内川流域と繋がります。