広沢寺
秋田県湯沢市(旧稲川町)稲庭町字小沢
歴史・沿革
 広沢寺は稲庭城下に構えられた小野寺氏の菩提寺です。古くは大同2(807)年、月窓和尚により川原毛地獄に建立された霊通山前湯寺を初源とし、長禄3(1459)年 小野寺弥太郎道広が川原毛地獄から稲庭城下に移築して嶺通山広沢寺と改め、小野寺氏の菩提寺としました。現在の本堂は寛政元(1789)年に建てられたもの。山門は楼門形式の四脚門。本殿の背後には伝小野寺道広のものと伝えられる五輪塔が残存しています。(小野寺道広が小野寺嫡流なのか、小野寺嫡流が沼館に移った以降 稲庭を領した小野寺庶流なのかは不明)   (場所はココです)
(写真左上) 楼門形式の山門
 
(写真右上) 本堂
 
(写真左) 小野寺道広の墓碑・五輪塔?