三又城
秋田県湯沢市(旧稲川町)三又高村・駒形町
立地・構造
 三又城は皆瀬川に沿った狭谷地形の谷口の独立丘陵(比高15−20m)に築かれた丘城で、現在は三又神社境内・雑木林になっています。城の規模は東西100m×南北230m以上、内部は堀で仕切られた南・北2郭からなり、南側の平場が主郭に想定されます。規模は主郭が東西70−80m×南北170−180m、北郭が東西50−60m×南北50m以上(改変が激しく南北規模は不明)。 両郭を分断した堀は幅4−5m・深さ2−3mほど、主郭側が2m前後高く北郭に対して優位性をもっています。主郭北側縁部には高さ1−1.5mの土塁が構築され、中央に北郭から主郭に繋がる虎口が設けられ土橋で導線が確保されています。また主郭の南西・南東側縁部にも土塁痕らしきものが見られますが、三又神社創建時の改変とも思われハッキリ断言できないようです。城のある丘陵の西・南・南東側は高さ15mの断崖になっていますが、北東から東・北側はなだらかな緩斜面になっていて要害性は薄く、基本的には最低限の要害性を担保した日常居館と思われ、大手は北側に構えられていたと推測されます。ます。なお周囲には大門・松館・本屋布等の城館に関連した地名が残されています。
三又城概念図
歴史・沿革
 築城時期は不明。金沢八幡神社所蔵の貞治四年の『大般若経奥書』に「二巻 貞治四年六月(いわく) 勧進覚渟 取筆源朝臣義冬 四六歳」 「六十巻 貞治四年七月(いわく) 大願主覚渟 取筆源朝臣小笠原義冬 四六歳 仙北雄勝郡三俣於満福寺此経書」の記載があり、南北朝期の貞治年間(1362−68年)頃までに三又城は築城され、小笠原信濃守義冬が居住していたと推測されます。義冬は甲斐源氏の一族で南北朝期、出羽の南朝勢力鎮圧のため雄勝郡に下向した北朝勢力と推測され、同じく貞治年間に増田城を築いて居を移していることから、三又城は一時的な居館として既存の城館を利用したものと思われます。永享年間(1429−41年)、光冬の代に小笠原氏は小野寺氏との抗争に敗れ、仙北郡楢岡に退去を余儀なくされましたが、この頃まで三又城は小笠原氏の属城だったと推測されます。(小笠原氏が雄勝郡から退去したのは長禄年間(1457−61年)説もあります) 小笠原氏退去後の三又城の消息は不明ですが、小野寺氏の一族あるいは家臣が居住したと思われ、慶長5(1600)年 最上義光が仙北に侵攻した際、三股飯館は丹与惣左衛門の田子内城攻めの道案内をしたと伝えられます。
三又城  主郭北側の堀
メモ
小笠原氏、入部当初の居館
小野寺氏の一族・家臣の居館
形態
丘城
別名
・・・・・・・・
遺構
郭・土塁・虎口・土橋・堀
場所
場所はココです
三又神社境内
駐車場
三又農村公園駐車場
訪城日
平成23(2011)年5月9日
三又城は皆瀬川の右岸、三又集落と高村集落に挟まれた独立丘陵に築かれた丘城です。城へは西麓を走る県道沿いの城址標柱から三又集落方向に入り、しばらく進むと左側に三又農村公園があります。城址は現在、三又神社境内になっており、三又農村公園の神社鳥居から参道を通って神社境内に入ります。ちなみに参道のある南側斜面は高さ15mの崖になっています。
城址標柱 登り口(三又神社鳥居) 参道
主郭
規模は東西70−80m×南北170−180mほど、内部は相当広い平場になっていて、南側は三又神社境内(写真左上)、北側は雑木林になっています。(写真右上) 南側の縁部には部分的に土塁痕らしきもの見られますが・・・・・・・・、ハッキリしません。がっ、北側にはかなり崩落していますが、上幅3m・高さ1−1.5mの土塁が確認できます。(写真右)

三又神社は小笠原義冬が氏神として創建した三宝荒神社を初源としています。

でっ、土塁の北側には幅4−5m・深さ2−3mの東西堀(写真左上)が穿たれ、中央に土橋が架けられています。(写真右上) 堀は明確に確認できますが、かなり埋まっており土塁を切り崩して埋められたのでしょう。
北郭(写真左)
規模は東西50−60mほど、北に50m進んだ先は果樹園に改変され、このため南北規模は不明。果樹園の東・北側は超なだらかな緩斜面になっていて、北側斜面には果樹園がズ〜ト広がっています。ちなみに主郭の北東側斜面も緩斜面になっています。