角 塚 古 墳
岩手県奥州市(旧胆沢町)胆沢区南都田
 角塚古墳は北上川の中流域、胆沢扇状地の低位段丘上に位置する日本最北の前方後円墳です。古墳は昭和24(1947)年に前方後円墳と確認され、同32(1957)年に県指定史跡に、同60(1985)年には国の史跡に指定されました。規模は全長46m、前方部が幅13m・長さ20m(欠損あり)・高さ1.5m、後円部が径30m・高さ4,5mほど。周濠は前方部が約3m、後円部が約10mほど。内部からは葺石・埴輪(人間・動物)が出土し、造営は5世紀末ー6世紀初期と推測されています。   (場所はココです)