一 戸 城
岩手県二戸郡一戸町北館
立地・構造
 一戸城は馬淵川右岸の河岸段丘上(比高30−40m)に築かれた平山城で、西側の急峻な段丘崖を巧みに利用して要害に取り込んで築かれています。郭配置は北から北館ー八幡館ー神明館ー常念館を連郭式に繋ぎ、各郭は自然地形の沢を利用した堀で、東側の丘陵続きも人為的な堀で分断して城域を区画しています。規模は北館が東西130m×南北40m、八幡館が東西130m×南北90m、神明館が東西160m×南北80m、常念館が東西30m×南北70mほどと巨大な郭の集合体で一戸城は構成されています。基本的には在地勢力の恒常的な居館を含む館城と推測されます。

 築城時期・築城主体ともに不明。城主は鎌倉初期、陸奥国「糠部郡」に入部した南部光行の庶長子 行朝を祖とする一戸氏で、当初 行朝は九戸郡野田に居住していましたが、嫡子 摂津守義実の代に一戸に進出したと伝えられます。(一戸氏の出自についてはいささか疑問がありますが ・・・・・・・・) 一戸氏の詳細な事績は不明ですが、南北朝以降 岩手郡、閉伊郡に進出して平館、荒木田、千徳、津軽石、堀切、野田等の庶子家を分出しています。天正9(1581)年、一戸兵部大輔政連父子は弟の平館信濃守に攻められて殺害され、一戸本家は断絶したと伝えられます。その後、同19(1591)年に勃発した「九戸の乱」一戸城三戸城主 南部信直と九戸城主 九戸左近将監政実の争奪地となりましたが、「奥州仕置軍」の攻撃を受けて落城し、乱後 廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
一戸城 北館・八幡館間の堀
 メモ
三戸南部氏の庶流 一戸氏の館城
 形態
平山城
 別名
 ・・・・・・・・
 遺構
郭(平場)・堀
場所
場所はココです
 駐車場
北館公園駐車場
 訪城日
平成18(2006)年9月9日
一戸城は馬淵川右岸の河岸段丘上に築かれた平山城で、自然の沢や堀で区画された北から北館・八幡館・神明館・常念館の4郭とこれに付随した郭群からなります。(写真左上)
 
北館(写真右上)
主郭に想定される郭で規模は東西130m×南北40mほど、現在は北館公園・駐車場になっています。南側には1段 腰郭が敷設され、南側の八幡館とは自然地形を利用した堀で分断されています。(写真左)
一戸城は自然の沢を利用した堀と人工的に穿たれた堀で区画されています。(写真左上ー八幡館と東側の丘陵部とを分断した堀で人工的に穿たれたもののようです。規模は幅10m×深さ6−7mほど。 写真右上ー八幡館・神明館間の堀で自然地形を利用したもののようです。規模は幅20mほど。)
 
神明館(写真右)
規模は東西160m×南北80mほど、内部は東から西側にかけて2−3mの段差で3段に削平されていたようです。
秋田の中世を歩く