藤田館
秋田県由利本荘市(旧岩城町)岩城君ヶ野
立地・構造
 藤田館は君ケ野川右岸の南西側に延びた丘陵先端(比高30m)に位置する平山城で、丘陵基部を二重堀切で分断し、南西側に延びる斜面を削平した単郭の居館です。南側は君ケ野川が自然の濠となり、西から北側には沢が発達し湿地帯だったようです。現在、主郭と思われる郭は「君ケ野運動公園」として整備されているため改変が著しく、下部の郭も駐車場となり改変されているようです。
歴史・沿革
 築城時期・館主ともに不明。館の位置・構造から考えて鎌倉中期から後期の在地土豪(開発領主)の居館と考えられます。藤田館の西方2kmには、在地領主道川氏が嘉暦元(1326)年に築いた山崎館があり、道川氏が山崎館に移るまで居館としていた可能性があります。
藤田館  遠景
メモ  君ケ野川流域を支配した
勢力(道川氏?)の館城
形態
平山城
別名
 ・・・・・・
遺構
郭・土塁?・櫓台?・堀切
場所 場所はココです
藤田地区北東側の丘陵
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年1月12日
西側の沢
藤田館の西から北側にかけては沢が深く切り込み、自然の濠となっていたようです。
南側の段郭
写真は北側から見たところです。段々になっているのが確認できます。左側は主郭南側下の郭ですが、駐車場に改変されています。
主郭
100m四方の広さがありますが、改変が著しく城域は不明瞭になっています。
主郭北側
主郭の西から北側にかけては高台になっていますが、北端には櫓台状の高みがあります。
土塁?
主郭の北から東側にかけては、縁部に土塁状の土手(幅2−2.5m 高さ2−3m)が築かれています。ただし当時の遺構かは不明。
櫓台
櫓台は7−8m四方の小郭で、主郭の北から東側をカバーした土手から3−4m上に位置し、君ケ野川流域を眺望することができます。
堀切
櫓台から北側の丘陵基部は二重堀切で分断されています。どちらの堀切も幅3−4mと小規模です。
君ケ野川流域
櫓台から西方向(君ケ野川上流方向)を望んだところです。君ケ野川流域が小谷を形成しているのが確認できます。