万吉館
秋田県由利本荘市(旧岩城町)岩城内道川
立地・構造
 万吉館は日本海に面する内道川地区南東側(標高130m 比高120m)に位置する山城で、主郭を中心に北・西側に延びる尾根に郭(北郭・西郭ー仮称)を配置した連郭式の城郭です。主郭は北・西側の尾根を掘り切り各郭と分断し、東側尾根も大堀切で分断し、城域を独立させています。各郭は痩尾根(幅10m以内)に削平されていますが、削平状況は悪く(多分に自然崩落が原因だが)、郭の範囲は不明瞭になっています。万吉館は君ケ野川下流域(河口周辺)・日本海に沿って通る浜街道を見下ろす要地に位置することから、君ケ野川流域を支配した勢力の監視用の物見砦と想定されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。中世君ケ野川流域を支配した道川民部維儀が築いたと伝わります。
万吉館  遠景
メモ
君ケ野川流域を支配した
道川氏の物見砦
形態
山城
別名
 ・・・・・・
遺構
郭・堀切
場所
場所はココです
駐車場
サンスポーツランド岩城
駐車場借用
訪城日
平成19(2007)年1月12日
西側尾根道
万吉館へは特に道は整備されておらず、管理人はサンスポーツランド岩城のパターゴルフ場から竹藪を突っ切り、西側の尾根道に入りました。ここからは痩せ尾根を延々と登ることになり、途中、人一人通るのがやっとのところも数箇所(写真右)あります。尾根の左右は断崖です。
西郭(仮称)
西側尾根を歩いて最初に到着するのが西郭(仮称)です。独立した郭のようですが、自然崩落で遺構は消滅しています。
主郭方面
西郭(仮称)からは再度痩尾根を歩き主郭に向かいます。だんだん尾根の幅が広がっていきます。
主郭
東西20m×南北50m。かなり崩落していますが、東西に三段に削平されていたようです。北・南側に腰郭(写真右)の一部が散見できます。主郭東側は自然地形を利用した堀切(写真左下)で遮断されています。
主郭北側の堀切
主郭と北郭(仮称)を分断する堀切です。幅4−5mほどあります。
北郭(仮称)
東西10m×南北20m。主郭の北側を防御する目的で配されたようですが、ほぼ自然地形で使用されたと思われます。