妙 慶 寺
秋田県由利本荘市(旧岩城町)岩城亀田最上町
 妙慶寺は由利本荘市亀田地区にある日蓮宗の寺院です。正式名称顕性山妙慶寺。創建は寛永6(1629)年、亀田藩主岩城宣隆の後室御田姫(後の顕性院)が越後国妙勝寺から円乗院日砌上人を招いて当初は久保田に建立されましたが、後に亀田城下に移されました。御田姫は真田幸村の五女として生を受け、妙慶寺は真田一族の供養と御田姫の生母隆清院(豊臣秀頼の娘)の菩提を弔らうため開基されたと伝えられます。   (場所はココです)
 仁王門
 本堂
 本堂に掲げられた扁額
 『六連銭』
 真田一族の供養塔
境内にある真田一族の供養塔、よ〜〜〜見ると前面には真田の「六連銭」のほか、岩城家の家紋「れんじに月」が刻まれています。なお供養塔の背後には顕性院、顕性院の母隆清院、顕性院の弟幸信の墓碑が立ち並んでいます。
 真田一族の墓碑
左から顕性院の弟幸信、顕性院の息女、顕性院、顕性院の母隆清院の墓碑。
 顕性院 水行の井戸