龍門寺
秋田県由利本荘市(旧岩城町)岩城赤平
歴史・沿革
 龍門寺は由利本荘市(旧岩城町)亀田地区にある曹洞宗の寺院で、亀田藩主岩城家の菩提寺です。創建は明徳3(元中9 1392)年、岩城朝義により陸奥国岩城に開山されたと伝えられます。岩城氏は慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」の際、岩城貞隆が東軍に与するものの中立を保ったため戦後、所領没収・改易となります。しかし貞隆は慶長20(1615)年の「大阪の陣」に参陣して軍功をあげ、翌元和2(1616)年 信濃国に1万石の所領を宛がわれました。そして元和8(1622)年、貞隆のあとを継いだ嫡子義隆の代に出羽国亀田2万石に加増され、陣屋を亀田に移しました。龍門寺はこの際、岩城家の菩提寺として陸奥国岩城の龍門寺から住職を招いて創建されたと伝えられます。本堂は火災により昭和35(1960)年に再建されたもの。境内には岩城家の御霊屋が設けられています。  (場所はココです)
(写真左上) 山門
 
(写真右上) 山門前の戒壇石
刻字は「禁藝術売買之輩」
 
(写真左) 杉並木の林立する参道
 
(写真左下) 本堂
 
(写真右下) 大仏尊
(写真左上) 廟所
御霊屋一棟、五輪塔六基、納骨堂一棟あります。
(写真右上) 御霊屋
桁行二間、梁間三間、一重、入母屋造り。内部には岩城家歴代当主及びに岩城宣隆の位牌、岩城重隆、岩城隆喜の木像が安置されています。
(写真右) 十一代岩城修理大夫隆政、三代岩城伊予守重隆の五輪塔
(写真左下) 七代岩城伊予守隆恕の五輪塔
(写真右下) 四代岩城伊予守秀隆、十代岩城雅五郎隆信の五輪塔
(写真左) 納骨堂
昭和5(1930)年、東京の総泉寺から移築したもの。