山崎館
秋田県由利本荘市(旧岩城町)岩城道川
立地・構造  山崎館は日本海に注ぐ君ケ野川右岸の丘陵先端(標高129m 比高100m)に位置する山城で、東西約100mにわたる尾根上を城域とし、主郭を中心に東・西・南・北側斜面に段郭状に郭を配置した複郭の城郭です。頂部は東西30m×南北20mの主郭と東西35m×南北20mの副郭からなり、「詰の城」・物見砦を想定して築かれたと考えられます。大手は南麓に居館を想定した場合、南東側の尾根筋、南側斜面の谷戸口からのコースが考えられます。搦手は西側の尾根筋で、副郭の西側には虎口遺構が残っています。   (山崎館図
歴史・沿革  山崎館は嘉暦元(1326)年に道川民部維儀が築いたと伝わりますが、道川氏の出自・事績はともに不明。もともと在地から発生し、君ケ野川流域を支配した在地土豪と考えられますが、室町・戦国期に君ケ野川流域に勢力を拡大した由利十二頭・赤尾津氏に吸収されたと考えられます。
山崎館  南麓からの遠景
メモ 君ケ野川流域を支配した
道川氏の要害
形態
山城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭・土塁・虎口・堀
場所 場所はココです
駐車場
BT山崎の近くに空地があり
訪城日
平成19(2007)年1月12日
山崎館遠景
南西側から山崎館を見たところです。南麓の山崎集落に道川氏の居館が推測されます。
南東側尾根
管理人は南東麓からの尾根を直登しました。斜面は最初は竹林、斜度がきつくなると熊笹になります。比高80mほど登ると郭と思われる削平地が現れます。
南東側尾根の段郭群
南東側尾根には4−5段の段郭が配置されていて、切岸は2−3mほど。防御施設としては規模は小さいです。
主郭南側の腰郭
尾根を登り切ると主郭南側の郭が現れます。幅15−6mほどの帯状の郭で、主郭との切岸は3−4mほどあります。
主郭東側の段郭
主郭東側には2段、郭が配置されています。下段の郭は主郭北側ををカバーしています。
東端の郭
尾根東端の小郭で、この先は急斜面の断崖になっています。主郭側との間は3−4mの切岸と堀切で分断されています。
主郭
東西30m×南北20m。楕円形の郭(写真左上)で、兵の駐屯能力はありません。もともと物見砦・「詰の城」とされていたのでしょう。北側には幅2−3mの帯状の郭(写真右)が配置され、西側の副郭(仮称)に繋がっています。ています。主郭西側の切岸(写真左下)は段差2−3mで副郭(仮称)と区画されています。
副郭(仮称)
東西35m×南北20m。ここは搦手口と考えられ、西側縁部には高さ1−1.5mの土塁が築かれ、中央には虎口(写真右)が開いています。虎口の西側は高さ3−4mの切岸(写真左下)で削崖され、下には小規模な堀切が確認できます。
正眼寺
道川氏の菩提寺とつたわります。山崎館からは君ヶ野川を挟んだ南側に位置します。