白岩城
秋田県仙北市角館町白岩
立地・構造
 白岩城は玉川の左岸、奥羽山脈の支峰白岩岳(標高1177m)から西方向に延びた支尾根先端(標高230m 比高140m)に築かれた山城で、頂部尾根を削平した本城域と大手筋と想定される南側斜面に敷設された小郭群からなります。本城域は北側ピークの主郭から南側緩斜面に階段状に普請された4段の段郭群からなり、各郭は高さ3−5mの段差で区画されています。本城域の規模は東西30−40m×南北160−170mほど、その内主郭の規模は東西40m×南北50mほどで西側には低い段差で腰郭が1段普請されています。段郭群の中では一番下段の郭が規模が大きく東西30−40m×南北40−50mほど、他の郭も30−40m四方の比較的大きな郭になっています。この本城域は北・東・西側斜面の断崖を自然の防御ラインとし、尾根続きの北東側を堀切で分断して城域を区画しています。また大手筋と想定される南側斜面の要所には郭を配置して大手筋を守備しています。白岩城は縄張り自体は相当古い形態をしていますが、規模は比較的大きくもともと恒常的な館城を想定して築かれたと推測されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。城主下田(白岩)氏の出自は不明ですが、菅江真澄の『月の出羽路』では「「天喜五年、阿部合戦の時、御堂余波なく回禄て、此再興は十六沢の領主にて大職冠鎌足公の後にて、白岩の城主左近将監有信朝臣といふ君あり、其家臣に宮藤六兵衛尉藤原正重といふ雄士あり、白岩殿とて威光世にかかりけり・・・・・」と記され、また『秋田風土記』には貞永元(1232)年、十六沢城主宮藤六兵衛が下田善左衛門に攻められ降伏し、その後宮藤氏は下田氏の配下になったと記され、下田(白岩)氏は鎌倉期からの在地勢力と推測されます。『戸沢家譜』によると白岩氏は南北朝以降、美作守盛国・弥十郎盛通・備前守盛遠・弥十郎盛房の名が知られ、当初戸沢氏と対立していました。しかし15世紀初期、戸沢氏が仙北平野への侵略を進める過程で、下田弥十郎盛忠は戸沢氏と婚姻関係(同盟関係)を結びます。(戸沢寿盛の母は下田弥十郎盛忠の娘と伝わります。) 亨禄2(1529)年、角館城主戸沢秀盛が死去し嫡子道盛が家督を継ぐと、叔父の淀川城主戸沢忠盛が後見役として角館城に入り戸沢氏惣領奪取を企てますが、備前守盛任は道盛の外戚楢岡氏や六郷・本堂氏等とともに忠盛のクーデターを阻止しています。天文10(1541)年、沼館城主小野寺稙道が角館城攻略に動くと、盛任は楢岡・本堂・六郷氏とともに小野寺軍を撃退しています。戦国末期の当主兵庫頭盛重・盛直は天正14(1586)年の「阿気野の戦」、同15(1587)年の「唐松野の戦」に参陣するなど、戸沢氏の宿老的な立場にあったとされます。同18(1590)年に豊臣秀吉の命で戸沢三十五城の一つとして破却。
白岩城  主郭背後の堀切
メモ
戸沢氏領三十五城
白岩氏の要害
形態
山城
別名
・・・・・・・・ 
遺構
郭・土塁?・堀
場所
場所はココです
古城神社境内
駐車場
登り口前に駐車場あり
訪城日
平成20(2008)年5月30日
白岩城遠景
西側から白岩城を見たところ。城は南北に長い尾根に選地した山城で、東・西側は急峻な断崖で防御され、大手筋は南側(写真右方向)尾根と想定されます。
根小屋
白岩城の南麓には城主居館・家臣屋敷地からなる根小屋が構えられていました。東側に切り込んだ谷地地形で、西側の低地からは比高10m−15mの微高地に位置します。
白岩城へは南麓の古城神社鳥居(写真左)から登山道(参道?)が整備されています。登山道は南西側斜面をつずらおれ(写真中)に敷設され、途中にいくつか小規模な平場(写真右)があることから、往時の城道と思われます。
中腹の郭
中腹まで登ると結構大きな平場が現れます。平場は幅10−15mで、南西から南側斜面をグルッとカバーしています。
二の郭
さらに登った箇所に見られる郭で、規模は東西10−15m×南北25−30mほど。尾根の先端を削平し、東・南・西側は断崖になっています。登山道はこの西側斜面を通るため、大手を防御する郭と考えられます。
段郭群
二の郭から主郭部に繋がる南側斜面は低い段差の段郭群で処理されていますが、藪が酷くかすかに確認できるのみ。この段郭群をすりぬけるように登山道が敷設されています。(写真右方向に段郭群があります)
横堀?
主郭部の西から南側には防御ラインとして帯郭が敷設され、南側から坂虎口状に主郭部と繋がっています。この南西端は縁部が高くなっていて、横堀のようにも見えます。
本城域(主郭部)
本城域は北側ピークの主郭から南側斜面に、3−5mの段差で普請された4段の階段状の郭群からなります。下段の郭が最も規模が大きく東西30−40m×南北40−50mほど、他の郭も30−40m四方の比較的大きな郭が続きます。主郭から下段の郭までは南北160−170mあり、相当広い平場になっていて、築城当時は館城を想定して普請したと思われます。痩尾根を削平して広大な平場を作り、さらに堀切ではなく段差で郭を仕切る手法というのは秋田県の山城では珍しく、ちょっと新鮮に映ります。ただ・・・・・、縄張り自体は相当古い形態をしています。
主郭
規模は東西40m×南北50mほどで、古城神社(写真右)が祀られています。北東側の尾根続きを堀切で分断して城域を区画し、北側は急峻な断崖で防御され、南側には前述の郭群が普請され、西側には低い段差で腰郭が1段付設されています。往時は北西から南側にかけて展望が開け、仙北平野を眺望できる要衝だったと推測されます。(現在は南西方向のみ眺望可 写真左下)
堀切
主郭北東側の尾根続きを分断した堀切で、幅10m前後・深さ7−8mほどあります。
雲岩寺
宝徳2(1450)年、白岩氏が創建したと伝えられる古刹。往時は、根小屋に隣接してあったとされます。