天寧寺
秋田県仙北市(旧角館町)角館町上新町
歴史・沿革
 天寧寺は角館街上新町に所在する曹洞宗の寺院です。開基は文安4(1447)年、蘆名盛信が陸奥国会津黒川の東山に創建したのが初源とされ、以後 会津蘆名氏の菩提寺として庇護されました。しかし天正17(1589)年、佐竹家から蘆名家に入嗣した蘆名義広(後の義勝)が「摺上原の戦」で伊達勢に敗北を喫し会津を追われ常陸に遁れると、会津天寧寺も戦火により焼失したとされます。慶長7(1602)年、佐竹義宣が出羽国秋田に転封になると義広はこれに同道し、角館に所領を宛がわれました。角館に入部した義広は古城山の南西麓に居館を構え、また戸沢氏時代の城下を古城山の南麓に移して町割りを行い、寛永年間(1624−45年)初期 城下東方の花場山の麓に萬松山天寧寺を創建して横手正平寺の鉄心快牛を招いて開山しました。しかし慶安4(1651)年、義勝のあとを継いだ盛俊が死去、さらにそのあとを継いだ千鶴丸が承応2(1653)年に夭折し蘆名家は断絶しました。その後、角館には佐竹北家の佐竹義隣(よしちか)が入部し、佐竹北家の菩提寺を久米山常光院に設けたため、天寧寺は地域住民に維持されたと伝えられます。  (場所はココです)
(写真左上) 山門
 
(写真右上) 本堂
 
(写真左・左下・右下) 蘆名家の墓碑
中央の一番高い墓碑が義勝の墓碑、その左隣に義勝の子盛泰・盛俊の墓碑が建てられています。