雲 厳 寺
秋田県仙北市(旧角館町)角館町白岩字前郷
 龍沢山雲厳寺は宝徳2(1450)年、この地の領主白岩城主白岩左馬之助盛基により創建された曹洞宗の古刹です。その後、江戸中期の享保年間(1716−35年)に御堂伽藍が建造されましたが、火災により焼失。天明5(1785)年にふたたび整備されました。本尊は大日如来。   (場所はココです)
 惣門
 山門
安永7(1778)年に建造された八脚楼門様式の山門で、銅板葺・入母屋造りの建造物。下層部の両脇侍には昭和12(1937)年、高橋市蔵(円満蔵)により彫像された金剛力士像2体が安置されています。平成4(1992)年、県の重要文化財に指定。
 金剛力士像
 鐘楼堂
 本堂