福館
秋田県北秋田郡上小阿仁村福館
立地・構造
 福館は小阿仁川の左岸、南東方向に張り出した丘陵先端(比高10m)に築かれた単郭の平山城です。城の規模は東西180m×南北80mほど、北・東・南側を北流する小阿仁川を自然の濠とし、西側の丘陵基部を堀で断ち切って城域を区画していたと推測されます。単郭ではありますが比較的規模は大きく、在地に根ざした領主の居館と思われます。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・城主ともに不明。『奥羽永慶軍記』(あまり使用したくないのですが・・・・・・・・・)によると慶長8(1603)年、秋田に入部した佐竹氏支配に反対する「阿仁一揆」が起こった際、在地土豪飛塚九兵衛は杉花弾兵衛・芹田弥二朗とともに福館に籠ったとされます。また『六郡郡邑記』によると現福館地区は延宝8(1680)年以降、福館村と呼ばれるようになり、それ以前は飛塚村と呼ばれていたとされます。このことから館主は飛塚氏と推測され、さらに近世初頭まで防御施設を保持した城館だったと考えられます。
 管理人は福館が比較的規模が大きいことから七倉城を「詰の城」とした加成三七の居館と推測していますが、実証する術はないようです。
福館  館祉に祀られる八幡神社
メモ
・・・・・・・・・
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年5月1日
福館は福館地区の南東方向に張り出した丘陵先端に築かれた平山城です。(写真左上) 館の南から東側は小阿仁川が迂回するように北流し、往時 周囲は小阿仁川の氾濫原と推測されます。でっ、館は北・東・南側は段丘崖で画され、西側の丘陵続きを堀で断ち切って独立させていたと思われます。(写真右上ー西側の堀切? 現国道285号)
福館は単郭構造になっていて、規模は東西180m×南北80mほど。現在、内部には八幡神社が祀られています。城郭遺構は確認できませんが、東側に堀を利用したと思われる切通しが設けられています。(写真右下)
七倉城から福館を望む(写真右)
福館からは前面(南側)に小阿仁川沿いの狭い沖積平野が望めることから、在地の開発領主の居館と思われるのですが・・・・・・・・・。