ウトヒラ館
秋田県北秋田郡上小阿仁村沖田面
立地・構造
 ウトヒラ館は小阿仁川の左岸、西から東方向に張り出した丘陵突端(比高40m)に築かれた平山城で、西側の丘陵続きを堀切で断ち切って城域を独立させています。規模は東西300m×南北200mほど、内部は堀で区画された東・西の2郭構造になっています。このうち本郭と想定される西側の郭は東西110m×南北150m、東側の郭は東西50m×南北45mほど。現在、本郭は老人ホームの敷地、東郭には友倉神社が祀られています。同地は小阿仁川に沿った沖積平野を望む高所に位置しており、基本的には村落領主の日常居館として築かれたものと思われます。なお小阿仁川を挟んだ南東2kmには新館と称される小砦が構えられており、ウトヒラ館のウイークポイントを補完する機能があったと思われます。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体ともに不明。『秋田沿革史大成』には「古城あり、スイ館と云。住居の者未詳。又、ウトヒラ館と云あり、昔は加成三七居住す。秋田の臣なり。後に小沢田に移る・・・・・・・・・」と記され、加成三七が七倉城に移るまで居住していた館城とされます。加成三七は文禄元(1592)年・慶長6(1601)年の『秋田城之介分限帳』に192石の三分の一代官として記された人物と推測されます。加成氏は阿仁郡を実質支配していた米内沢城主嘉成氏の庶流と推測され、天正ー慶長期 小阿仁川流域を支配していたと思われます。慶長7(1602)年、加成三七は安東実季の常陸転封には同道せず帰農したと伝えられます。
ウトヒラ館  本郭東側の堀
メモ
小阿仁加成氏の居館?
形態
平山城
別名
・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年5月1日
ウトヒラ館は沖田面地区北西側の丘陵突端に築かれた平山城です。(写真左上ー南東側からの遠景) 館は堀で仕切られた東・西の2郭からなり、東側の郭には友倉神社が祀られています。(写真右上) 友倉神社の敷地は東西50m×南北45mほど、南側には帯郭らしき形状が見られますが(写真左)、たぶん・・・・・
・・・・ ちがうでしょうネ〜〜〜。なお友倉神社は観音堂・稲荷社・白山社・伊勢社・毘沙門社を合祀したもので、合祀した際に改変もあるのでしょう。
本郭と友倉神社を仕切った堀は幅15m・深さ2−3mほど、遺構はないだろうと思って来ただけに、ちょっと驚きました。(写真左上)
本郭(写真右上)
規模は東西110m×南北150mほど、現在は老人ホームが建設され相当改変されていると思われますが、・・・・・・・・・ ケッコウだだっ広いです。館の北から北西側にかけては沢が切り込み、西側尾根の狭まった部分を堀切で断ち切っていたと思われますが、車道敷設により消滅しています。(写真右)