勝 山 館
北海道檜山郡上の国町勝山
立地・構造
 勝山館は日本海に面し、夷王山から北東方向に延びた稜線尾根(比高100m)に築かれた山城で、東側の宮の沢、西側の寺の沢に挟まれた要害地形に位置します。城の規模は東西250m×南北500mほど、内部は大きくは本郭・北郭の複郭構造になっています。規模は本郭が東西130m×南北180m、北郭が東西100m×南北70mほど、各郭はそれぞれ南から北側になだらかに延びた斜面を低い段差で段々に区画した複数の平場からなります。本郭の北側稜線は高さ10mの切岸を確保した二重堀で遮断され、南側は幅7-8m×深さ5-6mの堀切で断ち切って本郭を独立させています。本郭の中央には南北に延びる通路が設けられ、中盤には櫓門が構えられ、東西の平場からは相当数の掘立建物祉、礎石建物祉が確認されています。また北西端からは「客殿」と呼ばれる城主居館に想定される礎石建物祉が確認され、周囲からは井戸、庭、台所等の居館に敷設されたと思われる遺構が確認されています。南端の最高所には高さ1.5-2mの土塁が築かれ、中央には虎口が設けられ、南側稜線とは木橋で繋がっていたと思われます。大手筋は北麓からのルートが想定され、途中の稜線には大手筋を抑える 勝山館 現地リーフレットの所収図
現地リーフレットの所収図
ように番所ー前衛陣地ー北郭が構えられ、大手導線を防御する構造になっています。なお宮の沢を挟んだ東側対岸には家臣屋敷地が設けられていたようです。(未確認) 全体的にシンプルな複郭構造の城館ですが、基本的には恒常的な在地領主の日常居館として築かれたと推測されます。なお南麓の大澗、天の川河口部にはアイヌ交易の港湾施設が想定され、港湾施設を扼する性格もあったのでしょう。現在、城址は史跡公園として整備され、確認された遺構は平面復元されています。(素晴らしい!!!

 築城時期は不明。通説では文明年間(1469-86年)頃、蛎崎(武田)信広により築かれたとされます。また一説には嘉吉年間(1441-43年)頃、「上の国守護」 蛎崎季繁により花沢館とともに築かれたとも。14世紀中期頃から蝦夷地南部には「渡り党」と呼ばれる和人勢力が「道南十二館」と呼ばれる館城を築いて盤踞し、アイヌとの交易を経済基盤としていました。 しかし長禄元(1457)年、「コシャマインの乱」が勃発すると志海苔館等の「道南十二館」はアイヌ勢の攻撃を受けて花沢館茂別館を除いて陥落しました。この「コシャマインの乱」を鎮圧したのが「上の国守護」 蛎崎季繁の客将 武田信広とされ、信広は乱後 安東(下国)政季の娘で花沢館主 蛎崎季繁の養女となっていた娘を娶って蛎崎氏に入嗣し、翌2(1458)年 洲崎館を築いて居館としました。その後、信広は地の利があり眺望の利く勝山館を築いて移り住み、この頃 信広は和人勢力の指導的地位にあったと推測されます。勝山館の築城年は不明ですが、文明5(1473)年に館神八幡が創建されていることから、築城はこの前後と推測されます。永正11(1514)年、蛎崎民部大輔光広が勝山館から松前大館(徳山館)に本拠を移すと、勝山館には光広の次男 高広が城代として配されました。またアイヌの武力蜂起もたびたび頻発し、亨禄2(1529)年には「狄発向して上ノ国和喜の館を攻めんと欲す。折節良広朝臣館籠り、陰謀を将ひ和睦して数多の償を引き与ふ。首長多那鹼と云ふ狄、館の坂中平地の所にて償の物を請取り、乞と館の方を向き上げ桿僖ぶ処を矢倉より射る。・・・・・・・・・」『新羅之記録』 亨禄二年三月二十六日の条)と蛎崎義広はアイヌの酋長 タナサカシに和睦を提案して上ノ国和喜の館(勝山館)に誘い込み、タナサカシを射殺してアイヌを撃退したとされます。天文13(1545)年、蛎崎義広が死去して嫡子の若狭守季広が家督を継ぐと、勝山城代 蛎崎基広は季広に不満を持ち、同16(1548)年 蛎崎嫡流に対して叛乱を起こします。しかし乱は基広の討死で終結し、勝山館には蛎崎氏の被官 南条広継が城代として入城しました。しかし永禄5(1562)年、広継は正室(季広の娘)が宮内舜広(季広の嫡子)、明石元広(季広の次子)兄弟を毒殺した事件に連座し自害させられました。その後も勝山館には蛎崎氏の一族、被官が城代として据えられましたが、慶長元(1596)年 この地に「檜山番所」が置かれ、この頃から勝山館の機能は衰退したものと推測されます。
歴史・沿革
勝山館 本郭北側の二重堀
メモ
武田(蛎崎)信広が築いた蛎崎(武田)本城
形態
山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・礎石掘立建物祉・館神祉・庭祉・工房祉・櫓門祉・井戸祉・堀・水場(水の手)祉・柵列祉・復元柵列
場所
場所はココです
駐車場
北麓の登り口前に駐車場あり
OR 勝山館ガイダンスセンター駐車場
訪城日
平成16(2004)年 6月25日
平成23(2011)年10月13日
勝山館は日本海を見下ろす夷王山の東側中腹に築かれた山城です。(写真左上) 城へは近場の勝山館ガイダンスセンターから入るのが手っ取り早いのですが、2回目の攻城となった この日は北麓から大手導線を登ることにしました。登り口の近くには「旧笹浪家住宅」(写真右上ー国重要文化財)や上の国八幡宮(写真左)があり、登り口は八幡宮の脇にあります。(写真左下ー誘導杭あり) でっ、登山道を登り始めると導線沿いには物見(番所)と伝えられる三段の削平地が見られます。(写真右下) 上の国八幡宮は文明5(1473)年、武田信広が勝山館に祀った館神を初源とし、現在の本殿は永禄12(1699)年に建立されたものだそうです。
登山道はよく整備され(写真左上)、直に荒神堂に辿り着きます。(写真右上) 荒神堂の規模は15-20m四方ほど、大手導線を抑える前衛陣地的な性格があったのでしょう。なお荒神堂には蛎崎季広に謀反を起こして討死した蛎崎基広の墓所があったようです。さらに登山道を進むと導線は北郭北側の斜面を登るように設定され(写真右)、斜面には導線を遮るように小規模な横堀?が敷設されています。(写真左下) でっ、この斜面を登り切ると北郭の虎口に辿り着きます。(写真右下) 虎口は斜面に切り込んだ埋門形式、北郭から導線に対して横矢が掛かる構造になっています。
勝山館 模型
勝山館の中枢部は寺ノ沢と宮ノ沢に挟まれた段丘上の本郭と北郭からなります。(写真左上ー勝山館ガイダンスセンター展示の勝山館復元模型) このうち北郭は東西100m×南北70mほど、内部は1m前後の段差で南から北方向に3-4段に削平されています。(写真右上)
勝山館は見どころの多い中世城館ですが、その中でも本郭・北郭間を断ち切った二重堀は規模も大きく見応え充分です。(写真左・左下) 特に本郭側の堀は高さ10mの切岸を確保した豪快なもので(写真下)、導線は中土塁と本郭をスロープ状の木橋で結んでいたようです。(写真右下) 
本郭(写真左上)
規模は東西130m×南北180mほど、北側は二重堀で画し、東・西側は沢に面した断崖になっていて、北側縁部には柵列が復元されています。(写真右上) 内部は南から北方向に向って平場が階段状に段々に削平され、中央には幅3-4mの南北通路が設けられていました。(写真右)
「客殿」祉(写真左下)
本郭北西端にある城内最大の建物祉で城主の居館と想定されています。周辺からは庭や井戸、台所と推測される遺構が確認され、また「客殿」に隣接して城代の住居が設けられていました。(写真右下)
本郭の最高所は南端に位置し(写真左上)、縁部には高さ1.5-2mの土塁が築かれ、土塁上には木柵列が復元されています。(写真右上) でっ、土塁の切れ目に搦門が構えられていたようです。でっ、土塁の内側(北側)には文明5(1473)年、武田信広により建立されたと伝わる館神八幡が祀られていたようです。(写真左ー現在は山麓の上の国八幡宮に遷宮) また周囲からに数棟の掘立建物祉や柵列祉(写真左下)、石段(写真右下)が確認されています。
本郭の南側稜線を断ち切った堀切は幅7-8m×深さ5-6mほど(写真左上)、端部は東西に延びる長大な竪堀で処理されています。(写真右上)
水場(写真右)
本郭の南東側下(寺ノ沢)に位置し、木樋で貯水池、井戸に水を引く構造になっていたようです。
ゴミ捨て場、土葬墓(写真左下)
内部からはツル(鳥類)、オオカミ、シカ、アシカ、クジラ(哺乳類)、ニシン、サケ、ホッケ(魚類)等の骨や陶磁器、香炉、下駄等の生活用品の堆積物が、また隣接して四十一基の土葬墓が確認されています。
夷王山墳墓群(写真右下)
約600基の土葬墓、火葬墓が確認され、中にはアイヌのものと思われる墓も確認されています。
夷王山(写真左上)
勝山館の西側に位置する標高159mの山です。夷王山の名前は「蝦夷の王の山」に由来し、山頂には武田信広を祀る夷王山神社が建てられています。(写真右上) 山頂からは上の国市街地や勝山館、遠く江差まで眺望でき、物見的な性格があったのでしょう。(写真左) なお勝山館直下の大澗や天の川河口部には各地からの交易船が集まる港湾施設が整備されていたと伝えられます。
 
秋田の中世を歩く