江 馬 氏 下 館
岐阜県飛騨市(旧神岡町)神岡町殿
立地・構造
 江馬氏下館は神岡盆地の中央東縁、高原川右岸の山裾に築かれた平城です。規模は東西70m以上(東側の縁部がハッキリしませんで ・・・・・・・・ )×南北90mほど、四周を堀と土塀で囲った単郭の方形館だったと思われます。(東側に堀と土塀が敷設されていたかは不詳) 堀の規模は幅5−6・深さ3−4mほどの薬研堀、このうち南堀は旧堀を埋めてから外(南)側にふたたび堀が掘られたもので、このことから館は数度にわたり改修されものたと推測されます。また縁部には土塁が用いられず築地塀で区画され、築地塀と堀の間には犬走り状の空間が見られ、防御面を簡素化していたものと思われます。(鎌倉期の方形単館の特徴のような?) 主門(表門)は館の西側中央に設けられ、土橋で外部と繋がっていました。内部からは会所、常御殿、対屋、台所等の建物礎石や石組で構築された庭園が確認されています。館の北ー西ー南側には外郭が設けられ、主門西側の「門前区域」からは掘立柱建物祉や塀祉が確認され、「宿直屋」(警備の武士の詰所)や馬屋が置かれていたものと推測されています。また南堀の南側からも掘立柱建物祉や竪穴建物祉・炉祉が確認され、館で使用される生活ツールを造る工房があったものと推測されています。同地は高原川段丘の中段に位置し、背後には山稜がせまる平地に築かれ、また西側には
クリックすると拡大します
現地リーフレットの所収図 (左が北方向)
中世の「上宝道」が南北に通っています。現在、下館は史跡公園として整備され、会所、主門、築地土塀、庭園、堀が復元されています。

 築城時期は不明。築城主体・館主は中世奥飛騨高原郷を領有した江馬氏とされます。『飛州志』所収の『江馬家系図』によると江馬氏は「平清盛の弟 経盛の妾腹の子 輝経が伊豆の北条時政に養育され、在所の田方郡江馬の地名から江馬小四郎を称した」ことを初源とします。(江馬氏の出自に関しては諸説あり) 江馬氏が飛騨に入国した時期は不明ですが、鎌倉末期までに地頭職として高原郷に入部し、以後 高原郷の在地国衆を支配下に組み込んで飛騨の有力国人に成長したものと思われます。万里集九の『梅花無尽蔵』(漢文文集)の延徳元(1489)年五月六日の条には、万里集九が高原城下に来て江馬氏から酒色のもてなしを受けたとの記載があることから、江馬氏館は鎌倉末期(13世紀末期)−15世紀中頃までに築かれたものと推測されます。戦国期、飛騨国は中央部を飛騨国司 姉小路氏が、北部を江馬氏が、南部を三木(みつき)氏が領有していましたが、天文年間(1532−55年) 江馬左馬介時盛は甲斐の武田と結んで姉小路氏を圧迫して北飛騨を制圧し、また越中国中地山を信玄から給されるなど江馬氏は越中まで勢力を拡大しています。しかし この頃から時盛は上杉との同盟を望む嫡子の常陸介輝盛と不和になったと伝えられ、元亀3(1572)年 上洛途上の武田信玄が病となり 翌年、急死したことを察知した輝盛は父 時盛を謀殺して江馬家の家督を強奪しました。その後、輝盛は上杉と誼を結びましたが、同6(1578)年 上杉謙信の死去により上杉勢力は飛騨から撤退します。そして この間、敵対する三木(姉小路)侍従自綱が織田信長と誼を通じて勢力の安泰を図ったため、江馬氏は孤立し飛騨のバランスシートは崩れました。同10(1582)年、信長が「本能寺」で横死して織田家臣団が霧散すると、輝盛は宿敵 三木自綱との決戦を決意し 大阪峠を越えて梨打城に入ります。しかし「八日町の戦」と呼ばれる(いくさ)は三木、小島、牛丸、広瀬連合軍の勝利で終結し、また輝盛は銃撃により討死したと伝えられます。戦後、江馬勢は高原諏訪城に籠って三木勢と対峙しましたが、高原諏訪城は三木方の小島時光の猛攻を受けて陥落し、この際 下館は三木方に接収され、のちに破却されたものと思われます。また一説には16世紀初期、江馬氏下館は破却され 江馬氏は統治拠点を神岡城江馬之御館)に移したとする説もあるようです。
歴史・沿革
江馬氏下館 高原諏訪城を借景した復原庭園
メモ
奥飛騨 高原郷の有力国人
江馬氏の居館
形態
平城(方形館)
別名
根小屋・江馬之御館?
遺構
復元会所・復元主門・復元土塀・復元庭園・土橋・堀祉・掘立柱建物祉・竪穴建物祉
場所
場所はココです
駐車場
専用駐車場あり
訪城日
平成21(2009)年6月26日
平成31(2019)年4月16日
江馬氏下館 遠景
江馬氏下館 近景
江馬氏下館は高原川右岸の河岸段丘中段に築かれた平城(方形館)で、西麓との比高差は10mほど。(写真左上ー西側からの遠景 写真右上ー高原諏訪城の主郭からの遠景 写真左ー北側からの近景 写真左下ー西側の段丘崖) 段丘上は相当 広い平場になっていて、館の前面(西側)には館に関連した施設が設けられていたようです。(写真右下ー主門の西側広場には掘立柱建物祉や柵列祉が確認されており、主門を警備する兵の詰所(宿直屋)・馬屋が設けられていたと推測されています)
江馬氏下館 北堀
館から南堀を挟んで南西部からは掘立柱建物祉や竪穴建物祉が確認されており、館の生活ツールを生産した職人の工房が置かれていたと推測されています。(写真左上)
館を囲った堀は幅4−6m・深さ3−4mほど。北堀は箱堀、西堀は薬研堀・箱堀が混在しており、数度にわたり改修されたのでしょう。また南堀は旧堀を埋めてから、新たに旧堀の南側に掘られたことが確認されています。でっ、北堀・西堀は復元され、南堀は規模がわかるように平面表示されています。(写真右上ー北堀 写真右ー西堀 写真左下ー南堀) また西 ー 南面には堀に隣接して土塀も復元されています。(写真右下)
江馬氏下館 西堀
江馬氏下館 南堀
江馬氏下館 復元主門
江馬氏下館 復元会所
(写真左上) 復元された土塀の断面
(写真右上) 復元主門
主門は館の西側中央に設けられ、主門の北側には通常門と思われる脇門が構えられていました。なお館の西側下には中世の基幹往還 「上宝道」が南北に奔っていました。
館内部からは発掘調査から四棟の建物礎石祉が確認され、北側から台所・対屋・常御殿・会所が設けられ、渡り廊下で繋がっていたようです。でっ、このうち会所が復元されています。(写真左ー復元された会所 写真左下ー台所・対屋) 会所は客人と接客した殿舎で規模は五間×三間。(写真右下ー接客の間)
江馬氏下館 会所の庭園祉
(写真左上) 会所内 主人の間
(写真右上・右・左下) 庭園
発掘調査から接客の間に面して 園池をともなった庭園が確認され、復元されています。規模は東西27m×南北12mほど、石組を配した巨大な庭園です。ま 〜〜〜、在地領主にとって庭園は一種のステータスだったのでしょう。
瑞岸寺(写真右下)
正式名称は「殿秀山 瑞岸寺」。宗派は臨済宗妙心寺派、御本尊は聖観音座像。伝承によると鎌倉期、江馬輝経が母 益世姫の持念仏 「聖観世音菩薩」を御本尊として開山したと伝えられます。その後、寺勢は一時 衰退するものの天文4(1534)年、江馬左馬介時経が江馬氏の菩提寺として再興。
(写真左上) 瑞岸寺本堂
圓城寺(写真右上)
正式名称は「天照山 圓城寺」。宗派は臨済宗妙心寺派、御本尊は釈迦如来。伝承によると承久3(1221)年、地頭職として飛騨国高原郷に入部した江馬輝経が自らの念持仏を御本尊として建立したのが初源と伝えられます。戦国末期、江馬氏が没落すると圓城寺の寺勢は衰退しましたが、飛騨国主 金森出雲守可重の後室 桂松院が江馬輝盛の娘だったため、金森氏が高山宗猷寺の開祖 南叟宗安禅師を招いて再興したとされます。でっ、境内には江馬輝経の墓碑が安置されています。(写真左ー本堂 写真左下ー観音堂 写真右下ー江馬輝経の墓碑)
<御詠歌>
後の世のちぎりを結ぶ円城寺 運ぶ歩みは たのもしきかな
江馬氏下館 江馬輝経の墓碑
ー 動画 江馬氏下館を歩く ー