政 元 城
岐阜県飛騨市(旧神岡町)神岡町西字政本
立地・構造
 政元城は奥飛騨の中間山地、山田川左岸の東方向に張り出した稜線突端(比高50m)に築かれた平山城です。規模は東西100m×南北100mほど、城縄張りは頂部を加工した主郭・二の郭の複郭構造。両郭は浅い堀で断ち切られ、西側稜線は鞍部を利用した堀切で遮断して城域を独立させています。規模は主郭が東西20m×南北10m、二の郭が東西15m×南北10mほど、両郭を分断した堀は幅3m・深さ1.5mほど、堀底は主郭の周囲に敷設された帯郭に繋がっています。大手筋は東麓からのルートが想定され、現在の登山道がそれをトレースしたものか。なお西側稜線のピークには土塁囲いの狼煙台が構えられているようです。同地は古川盆地から数河峠を越える東街道と大阪峠からの脇往還が合流する要衝に位置しており、政元城は この街道筋を扼する監視砦として取り立てられたものと思われます。

政元城 概念図
 築城時期・築城主体ともに不明。一説には平治年間(1159−60年)、悪源太義平が傘松城に籠もった際、義平の家臣 正本主馬により築かれたと伝えられます。鎌倉・南北朝期以降、地頭職として高原郷に入部した江馬氏は、その後 高原郷の在地土豪を支配下に組み込んで勢力を拡大します。そして政元城には被官の吉村氏が据えられ、戦国末期の城主として吉村斎右衛門政元、吉右衛門政延父子の名が伝えられます。吉村氏の出自は不明ですが、河上氏、和仁氏、神代氏とともに「江馬四天王」と称される江馬氏の重臣だったようです。天正10(1582)年、「八日町の戦」で江馬常陸介輝盛が討死し 江馬氏が滅亡すると、吉村氏もまた没落し 政元城はこの際 廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
政元城 主郭・二の郭間の堀
メモ
高原諏訪城の支城
形態
平山城
別名
山田城・,正元城
遺構
郭(平場)・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
大国寺の駐車場借用
訪城日
平成31(2019)年4月17日
政元城は神岡市街地から西方6kmの神岡町西地区背後の丘陵先端に築かれた平山城です。(写真左上ー北側からの遠景) でっ、城址の東麓には宝野山 大国寺があり、訪城の際の目印になります。(写真右上ー大国寺本堂) 城山へは大国寺本堂の裏側に誘導杭が設けられ(写真左)、登山道が敷設されています。(写真左下) 登山道は往時の大手導線をトレースしたものと思われ、登山道は城址東端の小郭に繋がっています。(写真右下) 郭の規模は東西5m×南北10mほど。
宝野山 大国寺
宗派は浄土真宗本願寺派、御本尊は阿弥陀如来。前身は宝林山 円通寺と呼ばれる天台宗寺院。一時、寺勢が衰退するものの享保2(1742)年、明秀上人が再興。
主郭(写真左上)
規模は東西20m×南北10mほど、北ー東ー南側には1.5m切り落として 幅3−7mの帯郭が巻かれ(写真右上ー北側の帯郭 写真右ー東側の帯郭 写真左下ー南側の帯郭)、西側は浅い堀切を経て二の郭に繋がっています。また東側中央にスロープ状の平入れ虎口が設けられています。(写真右下) なお南帯郭の南側下には南郭が設けられています。
(写真左上) 主郭・二の郭間の堀、規模は幅3m・深さ1.5mほど。
 
(写真右上) 二の郭、規模は東西15m×南北10mほど。
 
(写真左) 南西側の堀切、幅15−20mほど、巨大です。でっ、ここから尾根を辿った稜線ピークには土塁囲いの狼煙台があるようです。
 
ー 動画 政元城を歩く ー