神宮寺館
秋田県大仙市(旧神岡町)神宮寺字舘ノ内
立地・構造
 神宮寺館は仙北平野の北西部、雄物川右岸の微高地(比高2−3m)に築かれた平城です。館の規模は東西170m×南北70mほど、内部は1mの段差で区画された2郭構造になっていたようです。基本的にはこの地に根ざした村落領主の日常居館と思われます。

 築城時期・築城主体ともに不明。菅江真澄の『月の出羽路』によると正慶年間(1332−33年)、小野寺信道の三男道珍がこの地に移り住み神宮寺藤七を称したとも。戦国後期、 神宮寺氏には大曲城主前
田薩摩守利信の弟又三郎が入嗣して神宮寺掃部を称したとされます。『久保田領郡邑記』には「古城ハ邑ノ東平地ニアリ、田トナレリ、厩田トイフ、田ノ底ノ泥中ニ厩ノシキ板朽ズシテ有トイフ、神宮寺掃部トイフモノ居セリ、秋田城之助実季峰ノ山合戦ニ討死シテ亡フトイフ」と記され、神宮寺掃部は天正16(1588)年 戸沢氏に加担して峰の山合戦に参陣し討死したとされます。 
歴史・沿革
神宮寺館 館祉に建つ標柱
メモ
仙北郡の在地領主
神宮寺氏の館城
形態
平城
別名
神宮寺掃部館
遺構
郭(平場)
場所
場所はココです
駐車場
農道に路駐(路側帯あり)
訪城日
平成26(2014)年5月6日
神宮寺館は雄物川の北岸、神宮寺地区東方の微高地に築かれた平城です。(写真左上ー南東側からの遠景) でっ、館祉の周囲は水田地帯になっていますが、館祉は周囲より2−3m高い微高地に位置します。(写真右上ー北側の塁線 写真左ー西側の塁線 写真左下ー南側の塁線 写真右下ー東側の塁線)
館の規模は東西170m×南北70mほど、内部は相当広い平場になっていて(写真左上)、1m弱の段差で区画された東西の2段構造になっています。(写真右上) ま〜〜〜、明確な城郭遺構は見当たりませんが、南西隅には史跡標柱が建てられています。(写真右)