青 海 神 社
新潟県加茂市加茂
 青海神社は蒲原平野の中央東縁、加茂市街地南部に鎮座する古社で、地元では「加茂の明神さま」と親しまれています。創建は神亀3(726)年と伝えられ、延長5(927)年に編載された『延喜式神名帳』には青海神社と記されています。室町・戦国期には越後守護職上杉氏の崇拝され、近世には新発田藩主溝口氏により社殿が造営され現在に至っています。なお背後の丘陵上には中世加茂山要害があります。   (場所はココです)
 拝殿
 鴬張りの渡り廊下
宝暦7(1757)年、新発田藩主溝口直温の命により造営されました。
 多重塔