斜 陽 館  ー太宰治記念館ー
青森県五所川原市(旧金木町)金木町朝日山
 斜陽館は明治40(1907)年、津軽の大地主津島源右衛門により建設された入母屋造の大豪邸です。建物は青森産ヒバをふんだんに使用した木造2階建て、1階は11室278坪、2階は8室116坪、階下には庭園や米蔵・文庫蔵等の土蔵が設けられ敷地は680坪に及ぶものです。外観は津軽特有の町屋の形式を踏襲していますが、内部には洋風の部屋を設けるなど和洋折衷の形態になっています。太宰治は明治42(1909)年6月19日、津島源右衛門の六男としてこの家に生まれ、大正12(1923)年に青森中学に入学するまでこの家で育ちました。(この頃のことは後に『思ひ出』、『津軽』で紹介されています。) 昭和25(1950)年、津島家は建物を町内の旅館経営者に売却されましたが、その後 旅館の経営が悪化し、平成8(1996)年 旧金木町が旅館経営者から建物を買い取り、同10(1998)年 太宰治記念館斜陽館として改装オープンしました。同16(2004)年、国の重要文化財に指定。   (場所はココです)
 外観
 土間
 1階 金融執務室
太宰治の父津島源右衛門は金木銀行を経営していました
 1階 仏間
 1階 座敷・茶の間
 1階 小間(太宰治誕生の間)
 中の蔵(内蔵)
 庭園
 階段
 2階 洋室
 2階 和室(太宰治の母の居間)
 2階 和室(主人室)