雲 祥 寺
青森県五所川原市(旧金木町)金木町朝日山
 正式名称金木山雲祥寺、金木市街地にある曹洞宗の寺院です。本尊は釈迦牟尼。『武田氏系図』には「金木雲祥寺開基繁翁茂和尚承応元辰壬(1652)年七月十二日遷化、先祖円通院殿(武田甚三郎か?)南部櫛引村之館ヲ退キ候節、津軽江同道ス、菩提寺ニ附、金木村江一宇建立ス」と記されていて、雲祥寺は慶長元(1596)年、繁翁茂和尚により開基されたと伝えられます。その後、寛文7(1667)年 津軽藩の命により長勝寺十四世聖眼雲祝和尚が勧進され開山したとされます。(『長勝寺並寺院開山世代調』 延宝8 1680年) また元禄15(1702)年の『曹洞諸寺院縁起志』(宗徳寺蔵)には「金木村雲祥寺、正保二年長老呑益者始建之、・・
・・・・・・・・、因請長勝寺先住聖眼雲祝和尚、為開山祖也、盖呑益脱?寺職安身於世外、是以下加於住列者乎」
と記されています。文化8(1811)年、十五世愚全和尚により中興。寺宝には太宰治の『思ひ出』で紹介された『十王曼荼羅』(通称「地獄絵」)があります。なお明治38(1905)年、火災により破損した梵鐘には正徳5(1715)年の銘があったと伝えられます。
  (場所はココです)
 山門
享和3(1803)年、武田家(金木屋)が寄進したもの。三間一戸、入母屋造・銅板葺きの楼門形式で上層部は吹き抜けの鐘楼堂になっていて、下層部には仁王像が安置されています。前面には「武田菱」が彫り込まれています。
 老松
 本堂