中 井 館
福島県大沼郡金山町玉梨字中井
立地・構造
 中井館は野尻川左岸の断崖上(比高30m)に築かれた崖縁城です。館は東側を野尻川で、北ー西側は深く切り込んだ沢で仕切られ、城域を区画しています。 全体の規模は60−70m四方ほど、内部は西から東側に階段状の平場を3段構築したシンプルな構造になっています。規模は中段郭が東西20−25m×南北50−60m、上段郭が東西15−20m×南北30mほど、上段郭・中段郭間は高さ4−5mの切岸で区画され、上段郭の南側には高さ4−5m×5−10m四方の櫓台(物見台)が設けられています。虎口は中段郭の南東側に桝形虎口が設けられているよう 中井館 現地説明板の図
現地説明板の図
ですが未確認。中段郭の北東側には下段郭に繋がる虎口が設けられ、ここから下段郭経由で野尻川に繋がるルートが搦手とされます。中井館は比較的 規模は小さいものの、狭い谷底地形を巧みに利用して要害とした在地領主の日常居館と思われます。なお野尻川を挟んだ東側対岸には川口から野尻に繋がる街道が通っており 軍事的な性格もあったものと思われます。

 築城時期は不明。『会津古塁記』には金山谷中井村柵 東西二十五間 南北二十一間 天正年中山ノ内山城住す」と記されています。通説では天文13(1544)年頃、横田山内治部太夫俊清の弟(あるいは子?) 政詮(山城守秀詮か?)が中井村を分知されて高屋敷中井館を築いたとされます。 同12(1543)年、会津黒川城主 蘆名修理大夫盛氏は奥会津制圧を目論み金山谷に侵攻しましたが、横田山内氏の抵抗を受けて撤退を余儀なくされました。(「横田くずれ」) そして戦後、蘆名氏との和議を模索した俊清は横田中丸城を嫡男の兵部大輔舜通に譲り、末子の俊甫を連れて領内 川口に隠居しました。そして翌年、俊清の弟 政詮が川口玉縄城を守備するため中井村に入部して中井館を築いたとされます。天正17(1589)年、伊達政宗の奥会津侵攻により中井山内氏は川口山内氏とともに伊達に降伏し、会津先方衆として梁取城攻めに参陣しています。
歴史・沿革
中井館 上段の切岸
メモ
川口山内氏の庶流 中井山内氏の館城
形態
丘城(崖縁城)
別名
高屋敷中井館・中井村柵
遺構
郭(平場)・櫓(物見)台・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
林道の路側帯に駐車
訪城日
平成22(2010)年6月2日
中井館は野尻川西岸の丘陵先端に築かれた丘(崖縁)城で、野尻川を自然の濠に見立てて構築されています。(写真左上) 城へは川口地区から野尻川をさかのぼり、玉梨温泉を過ぎたあたりに説明板が設置され、ここから野尻川を挟んだ南西側の丘陵が館祉になります。アクセスとしては一番近い橋を渡り道なりに進むと、道は西側の沢に設けられた林道に繋がり(写真右上・左ー林道)、しばらく進むと林道わきに城址標注が現れ、ここから城内に入ることができます。(写真左下) 現在、西側の沢は林道になっていますが、往時は自然の濠としていたのでしょう。でっ、中段郭に辿り着きます。(写真右下)
 
中段郭の規模は藪化がひどくハッキリしませんが、東西20−25m×南北50−60mほど(か? 写真左上)、北東側には下段郭に繋がると思われる堀底道が見られます。(写真右上) 比較的規模は大きく日常居館が設けられていたのでしょう。中段郭上段郭は高さ4−5mの切岸で仕切られ(写真右)、北端には牛頭天王と呼ばれる小祠が祀られています。
 
上段郭(写真左下)
規模は東西15−20m×南北30mほど、南側に高さ4−5m×5−10m四方の櫓台が設けられています。(写真右下)
秋田の中世を歩く