旧有壁宿 本陣
宮城県栗原市(旧金成町)金成有壁
 有壁宿は奥州街道金成宿と一関宿の中間に位置する宿場で、本陣は元和5(1619)年 伊達政宗が仙台藩領の馬継ぎ宿場を整備した際、設置されたのが初源とされ、以後 本陣は松前藩・八戸藩・盛岡藩・一関藩各藩の藩主が代々 参勤交代する際の宿舎、また幕府巡検使の宿舎として利用されました。現在の建物は延享元(1744)年に再建されたもので、外観は奥州街道に面した二階建ての長屋形式、その脇に御成門が構えられています。昭和46(1971)年、国の重要文化財に指定。   (場所はココです)
御成門 
建物外観 
建物外観