岨 谷 峡
秋田県秋田市(旧河辺町)河辺岩見
 岨谷峡は出羽山地に抱かれた岩見川上流域にある峡谷で、岩見峡とも呼ばれています。伝承によると和銅年間(708−715年)、鵜養(うやしない)の沼が決壊した際、できたものと伝えられ、断崖絶壁が300m以上にわたって連続しています。近世の本草学者菅江真澄は文化8(1811)年、この地を訪れ 日記『勝手の雄弓』の中に岨谷峡の風景画を残しています。昭和27(1952)年、観光秋田三十景に選定。   (場所はココです)