高岡城
秋田県秋田市(旧河辺町)河辺高岡
立地・構造
 高岡城は岩見川の中流域、右岸の西から東方向に延びた稜線突端(比高60m)に築かれた平山城です。城の規模は東西250m×南北60mほど、城縄張りは大きくは堀で仕切られた東西の3郭構造になっていて、東端の郭が主郭と想定されます
高岡城概念図
。規模は主郭が東西25m×南北20m、中郭が幅10m弱×長さ150−160m、西郭が15−20m四方ほど。主郭の東ー南側斜面は段郭群に加工され、主郭を補強する構造になっています。中郭は稜線を自然地形のまま使用したと思われ東端が高くなっていて、北側下に主郭に繋がる虎口が設けられています。西郭は中郭と土橋で繋がっていますが、西側稜線には城郭パーツが使用されておらず、直に稜線と接しています。同地は岩見川中流域を一望にできる高所に位置しており、もともと物見砦として構築された主郭部分が築城当初の高岡城と推測され、後世 訳あって中郭・西郭が拡張整備されたものと思われます。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体ともに不明。城主は豊島城主豊島氏の被官高岡但馬守と伝わります。天正16(1588)年の「湊騒動」(安東氏の内訌)の際、但馬守が湊安東高季方に与したため高岡城は檜山城主安東実季の攻撃を受けて落城したと伝えられます。
高岡城  主郭西側の堀切
メモ
豊島氏の与力 高岡氏の要害
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年1月5日
高岡城は岩見川の西岸、河辺高岡地区北側の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上ー東側からの遠景) 城のある丘陵は岩見川に対して西から東側に張り出したもので、周辺には同じような丘陵もありますが、該当地の東麓に遺跡標柱が建てられていて(写真右上)、場所はすぐに特定できます。でっ、管理人は登り易い場所を見つけるため丘陵の北側に廻り込み(写真左)、沢状になった緩傾斜地の登ってアプローチしました。(写真左下) でっ、辿り着くのが西端の平場になります。(写真右下 西郭) 平場の規模は15−20m四方ほど、西側の稜線には堀切等の城郭パーツは見られませんが、東側の主郭方向には幅4−5m・深さ2mの堀に架けられた土橋が見られます。
(写真左上) 西郭東側の土橋
中郭(写真右上・右)
主郭・西郭間の尾根郭と思われますが、笹藪に覆われているため、郭として判別できるのかどうかは不明瞭。規模は幅10m弱×長さ150−160mほど、地形的には東から西方向のなだらかな緩斜面になっているようです。ま〜〜〜、西側の処理を見る限りでは兵の駐屯地として臨時的に取り立てられ、修築中に放棄されたと思われます。(「湊騒動」時か?) でっ、北東端に主郭に繋がる虎口が設けられています。(写真左下)
主郭・中郭間を分断した堀は幅10m・深さ5−6mほど、築城当初の高岡城はこの堀で完結していたのでしょう。(写真右下)
(写真左上) 主郭・中郭間の堀
主郭(写真右上)
規模は東西25m×南北20mほど、西側縁部には高さ50cmの土塁が築かれ、土塁の北側に虎口が設けられています。(写真左) でっ、主郭の東ー南側斜面は小郭群に加工され、まとまった平場になっています。(写真左下ー2段目の郭 写真右下ー3段目の郭) 主郭の背後(西側)は城の規模に比べてドデカイ堀で遮断されており、築城当初の高岡城はこの主郭部のみだったのでしょう。また同地は岩見川中流域を一望にできる高所に位置しており、もともと物見の砦として取り立てられたものと思われます。