小 松 城
山形県東置賜郡川西町中小松
立地・構造
 小松城は東置賜盆地の中央西端、犬川右岸の微高地に築かれた平城です。城の規模は推定 東西180m×南北300mほど、城縄張りは南北に3つの郭を連ねた連郭式縄張りが採用され、中央の郭が主郭と想定されます。規模は主郭が東西80m×南北100m、北郭が推定 東西70m×南北60mほど、南郭は改変が酷く規模は不明。また主郭の西側には幅15−20mの堀(濠)を挟んで西郭(?)が設けられていたようです。主郭は堀(濠)と土塁で囲まれた方形郭と想定され、現在 東ー南ー西側に残存する土塁の規模は下幅10m・高さは最大で3−4mほど、虎口は東側に2ヶ所と南東隅に虎口と思われる切り込みが見られますが、どれが往時の虎口かは不明。また北郭南郭は改変が酷く構造は不明ですが、外側に土塁を構えて堀で囲っていたと思われます。なお往時、城の西側は大川の氾濫原だったと思われます。

 築城時期・築城主体ともに不明。伝承によると長井大江氏の支配下にあった在地土豪 船山氏が居住したとも。そして康暦2(1380)年、伊達弾正少弼宗遠が長井大
江氏を滅ぼして置賜郡を制圧した後の元中ー応永年間(1384−1428年)には伊達氏の譜代 大町修理亮貞継が、亨禄年間(1528−32年)頃からは桑折播磨守景長が城主として在城したと伝えられます。そして天文11(1542)年に勃発した「天文伊達の乱」後、乱で晴宗方に加担した牧野弾正景仲が小松城に据えられましたが、元亀元(1570)年 久仲は実父の中野常陸介宗時や新田義直と謀って伊達輝宗に叛いたため、小松城は伊達軍の攻撃を受けて落城し、ほどなく廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
小松城 主郭東側の土塁
メモ
伊達氏の番城
形態
平城
別名
 ・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口(?)・
櫓台(?)・堀(濠)祉
場所
場所はココです
駐車場
主郭内部に駐車可能
訪城日
平成20(2008)年11月8日
小松城は犬川東岸の微高地に築かれた平城で、現在 主郭部分は公園やグランド(ゲートボール場)になっています。(写真左上) 主郭の規模は東西80m×南北100mほど、内部は戦後 中学校の敷地に利用された際、堀や土塁等の城郭遺構は相当 改変されたものと思われます。とは言うものの周囲に築かれた土塁の規模はケッコウ大きく、下幅10m・高さは最大3−4mほどあります。(写真右上ー東土塁 写真左ー南東端の櫓台? 写真左下ー南土塁) なお北側の土塁は消滅し、また西側の土塁には、これに並行してバッタモノの土塁が築かれています。(写真右下)
北郭(写真左上)
規模は推定 東西70m×南北60mほど、現在は集合住宅が建てられています。主郭とは堀(濠)で仕切られていたようですが、埋め立てられ消滅。(写真右上) また主郭側が若干 高くなっていて、優位性をもっていたと思われます。
西郭?(写真右)
規模は東西40m×南北50mほど、現在は新山神社の社地になっています。主郭とは幅15−20mの堀で仕切られ(写真左下)、往時 西側の裾は犬川の氾濫原に接していたと思われます。
南郭(写真右下)
耕作地に改変され、規模は不明瞭になっています。
秋田の中世を歩く