塩越城
秋田県にかほ市(旧象潟町)象潟塩越
立地・構造
 塩越城は日本海に面した象潟地区の北西部、象潟川南岸の微高地に築かれた平城です。城の規模は推定東西200m×南北300mほど(か?)、土塁と堀で囲郭された輪郭式の城館と推測されています。現在、城址は宅地化等により消滅していますが、本丸部分の土塁が部分的に残存しています。

 築城時期・築城主体ともに不明。一説には貞治4(正平20 1365)年、池田豊後守茂政により築かれたとも。池田氏の出自は不明ですが、室町期 庄内から由利郡に入部して由利十二頭仁賀保氏に出仕し、以後 仁賀保氏の与力を務めていたと思われます。慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」後、由利郡が最上氏に宛がわれると、池田氏は由利郡に入部した楯岡満茂の支配下に置かれ塩越周辺の統治を任されましたが、元和9(1623)年 最上氏の改易により池田氏は禄を離れ、代わって塩越
には仁賀保兵庫頭挙誠(きよしげ)が1万石を宛がわれて常陸国武田から入封し仁賀保藩を立藩しました。しかし寛永2(1625)年、挙誠が死去すると挙誠の跡を継いだ嫡子蔵人良俊は7千石を知行し、次男内膳誠政が2千石、三男内記誠次が千石を分知されました。寛永8(1631)年、良俊が嗣子のないまま死去したため仁賀保嫡流は改易となり、塩越城は廃城となりましたが、その後 本荘六郷藩が城地に代官所を構え、明治維新まで存続しました。
歴史・沿革
塩越城  本丸の北西部の土塁
メモ
 ・・・・・・・・・
形態
平城
別名
 ・・・・・・・・・・
遺構
土塁祉
場所
場所はココです
駐車場
公民館の駐車場借用
訪城日
平成18(2006)年12月13日
平成25(2013)年4月29日
塩越城は日本海に面した平野部に築かれた平城で、現在 城址は宅地化等により遺構は消滅し、このため規模・構造等は不明瞭になっています。(写真左上ー北西側からの遠景) でっ、本丸と思われる部分は耕作地になっていて(写真右上)、北から北東側に高さ2−3mの土塁が残存していますが(写真左)、南側は完璧に遺構が消滅し規模は不明。土塁の下部には石積が認められますが、後世のものでしょう。なお城址の東側には象潟川が流れており、ここが塩越城の東限なのでしょう。(写真左下) また北西500mには物見山と呼ばれる丘があり、中世塩越城に関連したものと思われます。(写真右下)
ー 松尾芭蕉「おくの細道」史跡 ー
 元禄2(1689)年6月16日(8月1日)昼ごろ、「おくの細道」紀行中の松尾芭蕉主従は無耶ノ関を越えて象潟に到着しました。そして芭蕉と随行の曽良は能登屋孫左衛門宅を宿にし、夕方 欄干橋から九十九島を眺望しました。翌17日、芭蕉と曽良は朝食後 蚶満寺に出かけ、帰りに熊野権現に参拝し、神楽奉納を見学しました。(当日、熊野神社の祭礼日) そして昼からは舟で九十九島めぐりを楽しみました。18日は早朝、欄干橋から鳥海山を眺め、朝食後 象潟を発ち酒田に向いました。
  • 「きさかたや雨に西施がねぶの花」
  • 「ゆふ晴や桜に涼む波の華」
  • 「腰長や鶴脛ぬれて海涼し」
(写真左上) 今野又左衛門の家祉
『曽良随行日記』
十七日 朝、小雨。昼ヨリ止テ日照。朝飯後、皇宮山蚶弥(満)寺ヘ行。道々眺望ス。帰テ所ノ祭渡ル。過テ、熊野権現ノ社ヘ行、躍等ヲ見ル。夕飯過テ、潟ヘ船ニテ出ル。加兵衛、茶・酒・菓子等持参ス。帰テ夜ニ入、今野又左衛門入来。象潟縁起等ノ絶タルヲ嘆ク。翁諾ス。弥三良低耳、十六日ニ跡ヨリ追来テ、所々ヘ随身ス。
(写真右上) 熊野神社
(写真左) 蚶満寺本堂
(写真左下) 蚶満寺境内の松尾芭蕉像
(写真右下) 蚶満寺境内の船繋ぎ石