江釣子古墳群
岩手県北上市上江釣子
 江釣子古墳群は和賀川下流域の河岸低位段丘上、自然堤防上に立地する古墳群で、大きくは猫谷地古墳群・五条丸古墳群・八幡古墳群・長沼古墳群の4つの古墳群(120基以上)で構成されています。古墳群は七世紀末ー八世紀初期にかけて造成されたものと推測され、往時 この地には「古代のムラ」があったものと思われます。古墳は径6−15mの円墳が主力で、中には川原石を長方形に積み上げた石室も確認されています。また石室内部からは蕨手刀・直刀・鉄(やじり)などの武器類、鉄鍬先などの農具・馬具・勾玉・切子玉・ガラス小玉などの玉類が出土しています。昭和54(1979)年、国の史跡に指定。   (場所はココです)
 五条丸5号墳
 五条丸9号墳
 五条丸10号墳
 猫谷地1号墳
 猫谷地8号墳
 猫谷地13号墳