みちのく民俗村
岩手県北上市立花
概  要
 みちのく民俗村は北上市街地の南東部、展勝地山手の谷地に構築された野外の民俗博物館で、内部には江戸期ー大正期に建造された北上川流域の古民家・商家・農家・武家屋敷等が移築復元されています。   (場所はココです)
旧今野家住宅(写真左上)
江戸末ー明治初期に建築された商家建物。山間の宿場町として栄えた奥州市梁川から移築。
旧菅野家住宅(写真右上)
岩手県内に残る古民家としては最古のもの。母屋は享保13(1728)年、藥医門は同5(1720)年築。(写真左) 伊達藩領内の典型的な農家建築物で菅野家は伊達藩の村役人・肝煎をつとめたと伝えられます。北上市口内から移築。昭和40(1965)年、国の重要文化財に指定。
羽黒派修験道場宝珠院(写真左下)
天保6(1835)年築、北上市口内から移築。
旧伊達領寺坂御番所(写真右下)
伊達領と南部領の藩境に設けられた伊達藩の番所。北上市稲瀬町から移築。
藩境塚(写真左上)
みちのく民俗村内に残存する南部側の藩境塚、間の沢を挟んだ対岸には伊達領の藩境塚があります。
お駒堂(写真右上)
駒ヶ岳山頂に鎮座し、近世には伊達・南部の藩境とされます。昭和43(1968)年、社殿がコンクリート製に改築された際、移築(現状復元)。
旧渡辺家門(写真右)
渡辺家は仙台藩領口内要害の留守居役・小姓頭をつとめた家柄。四脚門、江戸中期の築。北上市口内から移築。
旧大泉家住宅(写真左下)
大泉家は仙台藩領口内要害の城代家老をつとめた家柄。北上市口内から移築。(写真右下ー上座)  現地説明板の昔の口内図
(写真左上) 旧大泉家住宅の庭園
 
旧黒沢尻高等女学校(写真右上・左)
昭和2(1927)年、建築された大正期の洋風校舎。昭和53(1978)年 移築、平成11(1999)年 国の登録文化財に指定。現在は民俗資料館として利用されています。
旧菅原家住宅(写真左下)
秋田県との県境湯田町大沓から移築した豪雪地帯の農家建築物。当地は積雪が3mを越える地域で、このため軒が高く雪の重みに耐えられるように設計されています。(写真右下ー上座・下座)
(写真左上) 旧菅原家住宅の水屋
旧菅原家住宅では沢水を家の中まで引き込んでいました。
(写真右上) 復元炭焼き窯
 
(写真右) 旧菅原家住宅
旧川崎村薄衣(現一関市)から移築された伊達藩領の上層農家建築物。母屋・長屋門ともに江戸後期の築。(写真左下ー長屋門) 屋敷内には「金烏神社」が祀られ、下の病に悩む人々の信仰をあつめたと伝えられます。(写真右下ー内部)
旧佐々木家住宅(写真左上)
旧大東町渋民(現一関市)から移築した伊達藩領の葉タバコ生産農家の建築物。家の造りは居住性より葉タバコ生産を優先し、このため外部からの風通しをよくし、内部の間仕切りは少な目にしています。(写真右上ー内部)
旧小野寺家住宅(写真左)
岩手郡西根村(現八幡平市)から移築した直ご家(すごや)形式の農家住宅。明治34(1901)年築。内部は常居と台所・土間・馬屋を一列に並べ、外観が細長くなっていることを特徴としています。(写真左下ー土間・馬屋 写真右下ー上座)
(写真左上) 長屋門風演舞場
(写真右下) がん小屋
葬式にかかわる諸道具を納めていた小屋。土葬が一般的だった時代には各集落に一戸 建てられ、共同利用されていました。
 
旧星川家住宅(写真右)
北伝法寺(矢巾町)から移築された江戸後期の一般的な「南部曲り家」。曲り家は母屋と土間・馬屋をカギ型に繋いだ独特な形態をし、台所から馬屋が見渡せられるように設計されています。(写真左下ー土間 写真右下ー上座)
(写真左上) 室町期の竪穴式住居
 
(写真右上) 室町期の竪穴式住居内部
 
(写真左) 平安期の竪穴式住居