願 成 寺
福島県喜多方市上三宮町上三宮
 願成寺は会津盆地の北部、上三宮にある浄土宗寺院です(多念義派の本山)。正式名称は叶山 三寶院 願成寺、一般的には「会津大仏の寺」として認知されています。創建は嘉禄3(1227)年、この地の地頭で鎌倉御家人 佐原義連が施主をつとめ、浄土宗の開祖 法然上人の高弟 隆寛律師を招いて開基されたと伝えられます。その後、寺院は戦国期の戦乱により荒廃し、また慶長16(1611)年の「慶長三陸地震」に被災しましたが、会津松平家の庇護を受けて行誉上人により再興され、現在の山門・本堂・庫裏はこの頃、建造されたものと伝えられます。御本尊の木造阿弥陀如来は鎌倉期の作で寄木作り、左右の脇待は観音菩薩と勢至菩薩で、典型的な浄土宗の仏像配置になっています。御本尊の阿弥陀如来と両脇侍座像は国の重要文化財、山門と本堂、旧阿弥陀堂は福島県の重要文化財に指定されています。  (場所はココです)
平成29(2017)年11月10日 再訪 
 山門
元禄11(1698)年に再建された楼門形式の山門。
山門
本堂 
寛文5(1665)年の再建。御本尊は阿弥陀座像。
旧阿弥陀堂 
御本尊の阿弥陀如来(通称「会津大仏」)
 庭園