黒川館
秋田県にかほ市(旧金浦町)黒川
立地・構造
 黒川館は大小の丘陵が点在する黒川地区の南東側にあったとされる平城です。現在、館と思われる場所には「館の内」という地名が残っていますが、周囲は開墾・圃場整備で遺構は完全に消滅し規模・構造等は不明。「館の内」の西側には「クボ田」、北側には「ホリ田」と呼ばれ濠を想定される地名が残っています。
歴史・沿革
 築城時期は不明。城主は『金浦年代記』によると山根館主仁賀保氏の被官黒川六兵衛と伝わります。『院内山根館絵図』によると山根館表御門前に赤石殿・黒川殿と記された屋敷地があることから黒川氏は仁賀保氏の重臣だったと推測されます。黒川氏は慶長7(1602)年、仁賀保氏が常陸に転封時には同道せず、由利郡の領主となった最上氏に仕官したと伝えられます。
黒川館 推定地周辺
メモ
由利十二頭仁賀保氏の重臣
黒川氏の居館
形態
平城
別名
・・・・・・・・ 
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年5月12日
黒川館は黒川地区南東側の平野部に築かれた平城だったようですが、遺構自体は開墾等により消滅し、現在は城郭を想像させる地名が残るのみ。(写真左上) 黒川地区の北側には天松寺が見られますが、黒川地区自体が周囲の水田面より3−4mほど高く、黒川地区に黒川館が包括されているような気もするのですが・・・・・・・。(写真右上) なお周囲には文化元(1804)年の地震により隆起した九十九島が残存しており、ある程度の微高地でないと館を築くことはできないと思うのですが・・・・・・・・・・。
三嶽山神社(写真左)
黒川地区西側の小丘陵に祀られている神社。創建は元和2(1616)年。