小坂館
秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字尾樽部
立地・構造
小坂館は鹿角盆地の北部、小坂川右岸の北から南側に張り出した半島状の丘陵先端(比高20−30m)に築かれた平山城です。現在、城址は鉱山施設が建設されているため相当改変され、規模・構造ともに不明。北側の丘陵続きを堀で分断して城域を区画した単郭あるいは副郭構造の城館と推測されます。

 築城時期は不明。『鹿角由来集』には「一、小坂村 小坂筑後領名字秋本 館有 其後大湯五兵衛領 居館有」と記され、もともと鎌倉中期頃 この地に入部した「鹿角四頭」秋元氏(長牛氏)の庶流が小坂を分知されて築いたものと推測されます。 16世紀初期、秋元嫡流は鹿角南部に侵攻した一戸氏に攻略され郡外に遁れ、また同じ頃 鹿角北部には南部安信の五男靭負佐秀範が当麻館に入り、南部氏の影響力が強まっており、この頃 小坂氏
は没落あるいは衰退したものと思われます。大湯氏は鎌倉中期、鹿角に入部した「鹿角四頭」奈良氏の嫡流で、南部(毛馬内)秀範が当麻館に入城後、毛馬内氏と婚姻関係を結んでいます。大湯五兵衛は天正19(1591)年に勃発した「九戸の乱」に際、九戸政実方に加担した大湯四朗左衛門昌次の兄彦六昌忠とされ、昌忠は「九戸の乱」では南部信直方に加担した功により戦後、大湯領を宛がわれています。『鹿角由来集』には「・・・・・・・・・
・ 其後大湯五兵衛領 居館有」
と五兵衛の居館を小坂館に想定しており、「九戸の乱」以前 五兵衛が小坂村の領主だったのでは・・・・・・・・・?。
歴史・沿革
小坂館  城址標柱
メモ
「鹿角四頭」秋元氏の庶流
小坂氏の館城
形態
平山城
別名
鶴城
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年10月2日
小坂館は小坂市街地の中央部、小坂川東岸の南方向に張り出した半島状の舌状台地先端に築かれた平山城です。(写真左上ー南西側からの近景 写真右上ー南東側からの近景) でっ、城址は明治初期の鉱山施設建設のため相当改変されているようで、現在も内部には鉱山関連の施設があるため入ることはできません。ちなみに南東側に城址標柱が建てられています。(写真左) 小坂館は全体的に要害性を感じられませんが、津軽ー鹿角を繋ぐ津軽街道を扼し、また鹿角盆地北部を眺望できる要衝に位置しており、城館を構えるにふさわしいロケーションに選地されて築かれたものと思われます。