恵 林 寺
山梨県甲州市(旧塩山市)塩山小屋敷 
 恵林寺は山梨県甲州市塩山小屋敷にある臨済宗妙心寺派の寺院で、正式名称は乾徳山恵林寺。本尊は釈迦如来。創建は元徳2(1330)年、甲斐守護職二階堂貞藤が夢窓疎石を招いて開山したと伝えられます。「応仁の乱」後、中央の騒乱が地方にも波及すると、恵林寺の寺勢は一時 衰退しましたが、甲斐武田氏が菩提寺に定め復興・庇護したため、ふたたび興隆しました。しかし天正10(1582)年、織田信長の甲斐侵攻の際、恵林寺が武田残党を匿い織田方への引き渡しを拒否したため、恵林寺は織田勢に焼き払われました。なおこの際、恵林寺の快川紹喜は燃えさかる三門の上で「安禅必ずしも山水を須いず、心頭を滅却すれば火も自ら涼し」と偈を発して焼死したとされます。   (場所はココです)
 三門
 四脚門
 開山堂
 勅使門
 仏舎利宝塔
 本堂
 庭園