荒川鉱山
秋田県大仙市(旧協和町)協和荒川
歴史・沿革
 荒川鉱山は秋田県の中央部、雄物川水系の荒川流域に存在した銅山です。鉱山は元禄13(1700)年、川村庄右衛門によって発見され、元文3(1738)年からは久保田佐竹藩の直山(じきやま)として開発されました。明治維新後の明治9(1876)年、明治政府は鉱山の採掘権を盛岡の両替商瀬川安五郎に払い下げ、さらに明治29(1896)年 鉱山の所有権は三菱合資会社に移されました。そしてこの頃から精錬所や中央選鉱所、発電所が建設され鉱山の近代化が図られました。また鉱山の近代化に
現地説明板の図
ともない鉱山町が形成され、荒川村役場や郵便局・駐在所・浴場・病院・劇場・大盛小学校など各種インフラが整備され、最盛期人口4000人の町に成長しました。しかし昭和10(1935)年、鉱山資源の枯渇により事業は縮小され、昭和15(1940)年に鉱山は閉山となりました。平成5(1993)年、旧協和町が坑道の一部を利用した「マインロード荒川」という観光施設をオープンしましたが、平成19(2007)年 坑道の崩落により営業を休止しています。   (場所はココです)
鉱山へは国道46号から協和カートランド・オートキャンプ場方向に進みます。(国道沿いに案内板あり) でっ、しばらく進むと「二号門鑑」と記された標柱が見えてきます。(写真左上) 門鑑は鉱山に出入りする人の要件や身元を確認する場所で、荒川を挟んで南北2ヶ所に設けられていたようです。ここからしばらく進むと教寿院祉と古い墓地があり(写真は撮ってません)、ここを過ぎると広い平場が広がっています。(写真右上) 現在、カートランド場になっているあたりには製錬所やこれに関連した施設が建てられ、南側の丘陵は砂カス山と呼ばれ(写真左)、製錬事業に利用された煙突が残っています。(写真左下) でっ、製錬所に隣接して鉱山事務所が建てられていました。(写真右下)
中央選鉱場祉(写真左上・右上)
坑内から掘りだされた鉱石を鉱石と廃石に振り分ける場所、製錬所から荒川を挟んだ北側に位置します。明治40(1907)に初期工事がなされ、その後 大正11(1922)年に田崎組の手により大改修が行われ、大正13(1924)年4月に完成。
 
シックナー(写真右)
鉱山施設には必ずある貯水槽。採掘された鉱石と一緒に出てきた鉱水を貯水槽に溜め、有毒物質あるいは鉱資源を分離ろ過する装置です。