荒川城
秋田県大仙市(旧協和町)協和下荒川
立地・構造
 荒川城は荒川左岸の丘陵頂部(標高93m 比高50m)に位置する山城で、西側を流れる荒川と東側に切り込んだ沢を自然の濠としています。城域の東・西側は急斜面の断崖で、南側の尾根は50mにわたり掘り切り城域としています。主郭は頂部に位置し、北側の細尾根を階段状に削平し、10−11段の段郭群を遮断線としています。郭はどれも小規模で、居住性はなく監視等で利用された物見と考えられます。荒川城の北方には協和境から角館に抜ける街道(現在の国道46号)が通っており、この監視施設と想定されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。天文年間(1532−55)の城主は角館城主戸沢氏から派遣された戸蒔城主戸蒔氏とされ、荒川城は戸沢領北西側を守備する「境目の城」として機能したと考えられます。天正15(1587)年の「唐松野合戦」時の城主は進藤筑後守と伝えら、戸沢軍の前線基地として機能したとされます。同18(1590)年に豊臣秀吉の命で戸沢三十五城の一つとして破却。
荒川城  遠景
メモ
戸沢氏の荒川・淀川進出
の前線基地
形態
平山城
別名
 ・・・・・・・・
遺構
郭・土塁・堀切
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車(荒川城の北
麓の橋脇に1台分の
駐車スペースあり)
訪城日
平成19(2007)年4月18日
荒川城近景
荒川城を北側から見たところです。城の西側は荒川が流れ、東側には沢が切り込んでいます。
東側の沢
城の東側に切り込んだ沢は、荒川とともに自然の濠となっていたようです。
城壁
荒川城の東・西側斜面は急傾斜の絶壁になっています。写真は西側の荒川沿いです。
尾根道
管理人は北端の尾根先端から登りはじめました。ここが当時の大手城道だと思われます。
段郭群
尾根を少し登ると尾根が狭まったところ(写真左上)があり、ここが虎口と考えられます。ここから主郭まで幅5−6m前後の郭が10−11段築かれています。段差は最大3mほどです。
主郭
東西30m×南北8−9m。南縁には高さ1−1.5mの土塁(写真右上)が築かれ、外側は空堀で分断されています。小屋掛できるスペースはありますが、日常生活をするほどではないようです。物見で使用された可能性が大でしょう。
空堀
主郭背後の尾根を分断する大空堀です。幅10m・深さ5−6mで50mにわたり尾根を掘り切っています。